DNPとLG,大型曲面有機ELサイネージを博多駅に納入

大日本印刷(DNP)とLGグループが開発した,国内最大となる「曲面」有機ELデジタルサイネージを,2018年春,JR九州グループの広告代理店であるJR九州エージェンシーがJR博多駅に導入し,運営を開始する(ニュースリリース)。 

ディスプレーサイズは330インチ(縦約4m×横約7m)※55インチ×36面(縦6面×横6面)。有機ELによる自発光ならではの引き締まった「漆黒」が実現されるほか,曲面での活用が可能になりアイキャッチ効果や臨場感が高まるなど,見る人を,これまでに経験したことのない映像の世界に包み込む効果があるとしている。

コミュニケーションメディアとしては,サイネージとしての音声出力・映像放映の機能はもちろん,参加型のイベントへの応用も可能。また,顔認識カメラの導入により,サイネージを見ている人の年代・性別を判別し,データ化・分析することで広告効果の測定も行なうことも可能。なお,個人情報への配慮から顔画像は保存しないという。

博多駅は,九州そしてアジアの玄関口という交通拠点であると同時に,国内外から人気のある「福岡」という街のランドマーク。その博多駅構内で大型有機EL曲面型デジタルサイネージは,多くのお客さまにインパクトを与え記憶に残るメディアとして,新たなコミュニケーション空間を生み出すものだとしている。

その他関連ニュース

  • LGディスプレー,有機EL照明事業を本格化 2017年12月08日
  • JOLED,世界初となる印刷方式有機ELパネルを製品化 2017年12月06日
  • 富士キメラ,ディスプレー関連部材市場を調査 2017年12月05日
  • 2022年AMOLED世界市場,15億3,660万枚に 2017年11月24日
  • SCREEN,有機ELパネルの製造装置を発売 2017年11月21日
  • 九大安達氏,仁科記念賞を受賞 2017年11月15日
  • マクセル,有機ELパネル蒸着用高精細マスクを開発 2017年10月04日
  • 出光と東レ,有機EL材料で技術提携 2017年09月27日