日本レーザー,FRP等の光非破壊検査装置を発売

日本レーザーは,米国General Phoronics社の新製品で,FRPの定量的な評価検査に適した光非破壊検査装置「OTS-1000」の販売を開始した(ニュースリリース)。

この製品は,複合材料やプラスチックの表面および表面下の欠陥を測定し,品質を評価する非破壊評価(NDE)システム。FRPをはじめとする複合材料を,高速,高分解能(横方向)かつ非接触に定量分析できる。

紫外(FUV〜NUV),可視,または赤外(NIR〜FIR)波長域において減衰の低い材料の検査に適する。超音波検査(UT)法と異なり,カップリングや高度なエレクトロニクスを必要としないシンプルな設計を特長とし,迅速な測定と大幅なコスト削減が図れる。また付属のソフトウェアは,サンプルの断面における剥離の数など,欠陥に関するより詳細な情報を提供する。

定量的非破壊検査が可能な対象は,亀裂および剥離(衝撃による損傷など),疲労劣化,熱ダメージ。アプリケーションとして,含有物の検出,硬化の品質管理,厚さ/寸法の安定性測定,コーティング検査,ボンディング品質検査,多孔率推定など。

価可能な材料例として,繊維強化ポリマー複合材(ガラス,アラミドベース等),プラスチック,非晶質固体(ガラス,石英等),半導体,クリスタルなどがある。

主な仕様は,
・使用波長(ユーザー選択指定)赤外光:1060nm/1310nm/1550nm,可視域:400nm~700nm
・コリメートされたビーム直径:<1mm ・レーザー出力:≧5mW(より高出力提供可) ・サンプルの厚さ:最大7cm(サンプル,波長などにより異なる) ・横方向分解能:100μm(サンプル,波長などにより異なる) ・走査速度:200mm/s ・走査範囲(ガントリー移動範囲):20.32×40.64cm/40.64×40.64cm40.64×81.28cm

その他関連ニュース

  • 阪大ら,ミューオンビームで隕石を非破壊分析 2017年11月14日
  • ニコン,非破壊検査・非接触計測装置のデモルームを開設 2017年10月24日
  • 島津製作所,コンパクトなFT-IR 2機種を発売 2017年10月05日
  • 東大ら,ミュオグラフィの共同開発を開始 2017年05月19日
  • 理研ら,鋼材の塗膜下の水を可視化 2017年03月17日
  • 【OPIE’17】京セミ,InGaAs近赤外カメラを出展 2017年03月13日
  • 慶大,テラヘルツでタイヤを非破壊検査 2016年12月27日
  • 理研ら,中性子によるコンクリート検査法を開発 2016年11月02日