オハラ,温度変化に適した高屈折率光学ガラスを発売

オハラは,LAH領域で最も小さいdn/dTを有する高屈折率光学ガラス「S-LAH63Q」を発売した(ニュースリリース)。

車載カメラ用レンズの光学系は固定焦点が一般的だが,車が使用される環境は零下(寒冷地)~50℃以上(真夏の車内)と温度変化が大きく,温度変化による屈折率変動(温度ドリフト)を考慮した光学設計が必要となる。

LAH系の硝材は一般的に正に大きいdn/dTを有しているが,dn/dTがゼロに近いこの製品を使用することで,温度ドリフトを効率的に補正することが期待できる。また,この硝材は車載カメラ用レンズはもちろん,プロジェクターや写真用交換レンズなど様々な用途で使用できるという。

製品の特長は以下の通り。
・LAH領域で最もdn/dTが小さい:dn/dT(Dline 40℃~60℃)1.6
・S-LAH63と同等のnd,νd   :同等のnd,νdのガラスでdn/dTが異なる硝材が選択可能

その他関連ニュース

  • 【CEATEC2018】サイバックス,高効率LEDレンズ設計技術を開発 2018年10月19日
  • 日板,アルゼンチンでフロートガラス工場を増設 2018年10月10日
  • 金工大ら,大口径遠赤外光学レンズの開発に着手 2018年10月03日
  • 日板の防曇ガラス,トヨタ新型シエンタに採用 2018年09月19日
  • 【OPTO TAIWAN】多角化を進める亞洲光學 2018年09月04日
  • 【OPTO TAIWAN】ハイパースペクトルカメラに注力する五鈴光學 2018年09月04日
  • オハラ,加工性・耐久性を改善した研磨レンズ用ガラスを発売 2018年09月04日
  • 【OPTO TAIWAN】元利盛精密機械のカメラ組立て装置 2018年08月30日