SEMI,Q3/2017の半導体製造装置出荷額は前年同期比30%増と発表

SEMIは,12月4日(米国時間),2017年第3四半期(暦年)の世界半導体製造装置出荷額が143億ドル(US$)であったことを発表した(ニュースリリース)。

四半期の出荷額143億ドルは,今年第2四半期に記録された過去最高水準を上回った。この金額は前期比では2%増,前年同期比では30%増となる。

前期からの成長率は地域により異なっており,欧州が最も高い成長率となった。前期に引き続き,韓国は世界第1位の市場となり,台湾,中国がこれに続いた。

地域

3Q2017
(10億US$)
2Q2017
(10億US$)
3Q2016
(10億US$)
3Q2017/2Q2017
(前期比)
3Q2017/3Q2016
(前年同期比)
韓国 4.99 4.79 2.09 4% 139%
台湾 2.37 2.76 3.46 -14% -32%
中国 1.93 2.51 1.43 -23% 35%
日本 1.73 1.55 1.29 11% 34%
北米 1.50 1.23 1.05 22% 43%
欧州 1.06 0.66 0.53 61% 100%
その他地域 0.74 0.62 1.13 20% -34%
合計 14.33 14.11 10.98 2% 30%

(出典: SEMI/SEAJ)

その他関連ニュース

  • ディスコ,8インチ対応KABRA技術レーザソーを発売 2018年01月10日
  • 東工大ら,光電子ホログラフィーで3次元原子配列構造を観察 2017年12月22日
  • SEMI,2017年の半導体製造装置販売額が過去最高を更新と発表 2017年12月12日
  • ディスコ,「KABRA」プロセスをフルオートメーション化 2017年12月11日
  • 中央大,3D NANDメモリのエラーとメモリ寿命を改善 2017年12月07日
  • 筑波大,ガラス上Ge薄膜の正孔移動度を大幅向上 2017年12月06日
  • ギガフォトン,エキシマレーザーをSK hynixに納入 2017年11月21日
  • SEMI,Q3/2017のシリコンウエハ出荷面積は増加と発表 2017年11月08日