埼玉大 吉川洋史氏,日本結晶成長学会論文賞を受賞

埼玉大学 理工学研究科准教授の吉川洋史氏は日本結晶成長学会第34回論文賞を受賞した(ニュースリリース)。

この賞は,内外の権威ある学術雑誌などに印刷公表された原著研究論文,総合論文および解説等の研究論文の中で,特に結晶成長学の発展に貢献した優れた論文の会員著者(個人又はグループ)に授与されるもの。

受賞題目は「レーザーアブレーションによる結晶成長モードの能動制御と大型タンパク質結晶作製への応用」。受賞理由として,タンパク質結晶を破壊することで大型化するという従来までの考え方を覆す世界初の革新的技術の開発や,タンパク質の大型結晶作製とそれを利用したタンパク質分子構造の解明が促進されることなどが評価された。

その他関連ニュース

  • 北大ら,柔らかく高性能な強誘電分子結晶を開発 2019年06月19日
  • 金沢大ら,二硫化レニウムのピエゾ抵抗効果を解明 2019年06月17日
  • 日本触媒,有機EL討論会「第12回業績賞」を受賞 2019年06月14日
  • 住友電工,IEC活動推進会議議長賞を受賞 2019年06月13日
  • 理研ら,深層学習でタンパク質結晶試料を自動検出 2019年06月04日
  • 阪大,極低濃度アンモニア検出用蛍光材料を開発 2019年05月30日
  • 京大,暖色白色LED用結晶化ガラスを開発 2019年05月29日
  • 富士フイルム,独自配列のセンサーで発明表彰受賞 2019年05月27日