埼玉大 吉川洋史氏,日本結晶成長学会論文賞を受賞

埼玉大学 理工学研究科准教授の吉川洋史氏は日本結晶成長学会第34回論文賞を受賞した(ニュースリリース)。

この賞は,内外の権威ある学術雑誌などに印刷公表された原著研究論文,総合論文および解説等の研究論文の中で,特に結晶成長学の発展に貢献した優れた論文の会員著者(個人又はグループ)に授与されるもの。

受賞題目は「レーザーアブレーションによる結晶成長モードの能動制御と大型タンパク質結晶作製への応用」。受賞理由として,タンパク質結晶を破壊することで大型化するという従来までの考え方を覆す世界初の革新的技術の開発や,タンパク質の大型結晶作製とそれを利用したタンパク質分子構造の解明が促進されることなどが評価された。

その他関連ニュース

  • OSAら,ウルトラファーストレーザーに関する賞を設立 2018年12月27日
  • 東北大ら,周期性とランダム性を持つ新原子構造を発見 2018年12月12日
  • 京大 金光義彦氏,島津賞を受賞 2018年12月06日
  • 天田財団,平成30年度前期助成先を決定-助成金目録贈呈式典を開催
    天田財団,平成30年度前期助成先を決定-助成金目録贈呈式典を開催 2018年12月05日
  • 日本ライフライン,内視鏡アブレーションシステムを発売 2018年11月12日
  • 大川賞,東工大教授の小山二三夫氏らが受賞 2018年11月09日
  • ヘルツの防振台,神奈川工業技術開発大賞を受賞 2018年11月09日
  • 2018年度「C&C賞」に,西森秀稔氏とチン W. タン氏 2018年10月10日