埼玉大 吉川洋史氏,日本結晶成長学会論文賞を受賞

埼玉大学 理工学研究科准教授の吉川洋史氏は日本結晶成長学会第34回論文賞を受賞した(ニュースリリース)。

この賞は,内外の権威ある学術雑誌などに印刷公表された原著研究論文,総合論文および解説等の研究論文の中で,特に結晶成長学の発展に貢献した優れた論文の会員著者(個人又はグループ)に授与されるもの。

受賞題目は「レーザーアブレーションによる結晶成長モードの能動制御と大型タンパク質結晶作製への応用」。受賞理由として,タンパク質結晶を破壊することで大型化するという従来までの考え方を覆す世界初の革新的技術の開発や,タンパク質の大型結晶作製とそれを利用したタンパク質分子構造の解明が促進されることなどが評価された。

その他関連ニュース

  • トヨコー,レーザークリーニング開発で2億円を調達 2018年05月23日
  • 分子研 岩山氏,EUV研究で原子衝突学会若手奨励賞を受賞 2018年05月22日
  • 名大,半導体結晶が暗室下で丈夫になる現象を発見 2018年05月21日
  • 東大ら,ガラス形成能を支配している物理因子を解明 2018年05月16日
  • パナ社員,CD/DVDピックアップの開発で紫綬褒章を受章
    パナ社員,CD/DVDピックアップの開発で紫綬褒章を受章 2018年05月01日
  • 第10回レーザー学会産業賞が決定 2018年04月02日
  • 光科学技術研究振興財団,「晝馬輝夫 光科学賞」を創設 2018年04月02日
  • 日大吉川氏,光と磁気の国際会議で「Best Poster Award」受賞 2018年03月22日