山形大ベンチャー,有機EL材料を委託販売

山形大学で開発された,有機EL材料や有機太陽電池材料などの特許技術をベースに,有機半導体関連材料の研究開発および製造販売を行なうフラスクと東京化成工業は,山形大学およびフラスクで開発した有機・無機半導体材料の製造を東京化成に委託する契約を締結した(ニュースリリース)。

フラスクの最高技術責任者である山形大学教授の城戸淳二氏らは,これまで科学技術振興機構(JST)の大型プロジェクトである地域卓越研究者戦略的結集プログラム,戦略的イノベーション創出推進プログラム,革新的イノベーション創出プログラムを実施し,有機ELなど有機・無機半導体材料を開発して数多くの特許を出願し,取得してきた。

フラスクと東京化成工業は,これら特許化した材料の製造および販売を協力して行ない,有機ELディスプレイメーカー,有機EL照明パネルメーカーなどに販売する。

その他関連ニュース

  • LGディスプレー,有機EL照明事業を本格化 2017年12月08日
  • JOLED,世界初となる印刷方式有機ELパネルを製品化 2017年12月06日
  • 富士キメラ,ディスプレー関連部材市場を調査 2017年12月05日
  • DNPとLG,大型曲面有機ELサイネージを博多駅に納入 2017年11月28日
  • 2022年AMOLED世界市場,15億3,660万枚に 2017年11月24日
  • SCREEN,有機ELパネルの製造装置を発売 2017年11月21日
  • 九大安達氏,仁科記念賞を受賞 2017年11月15日
  • マクセル,有機ELパネル蒸着用高精細マスクを開発 2017年10月04日