ショット,NEC SCHOTTコンポーネンツを子会社化

独ショットは,電子部品の日本市場における優位性をより高めるため,NEC SCHOTTコンポーネンツの発行済み株式のうち,NECの保有する49%の株式を取得する契約を締結した(ニュースリリース)。

また,12月12日付にて,ショットの完全子会社化した。NEC SCHOTTコンポーネンツは今後,「ショット日本株式会社」を新社名とする。

ショット日本は,気密端子(ハーメチックシール)や温度ヒューズなどの電子部品を製造する。製品の主な用途は,電子デバイス,家庭用電化製品,自動車,オプトエレクトロニクスなど。同社は,2000年に設立され,現在約190人の従業員を擁している。

ショットは,日本市場におけるショットのブランド強化を目指して事業再編を進め,ショット日本と,ショットグループの日本における販売会社であるショット日本の統合を計画している。統合後は、「ショット日本株式会社」(英語名:SCHOTT Japan Corporation)の社名のもとに両社の事業を継続する。

その他関連ニュース

  • オプテックス,東京光電子工業を孫会社化 2019年01月10日
  • 島津製作所,米国の医療機器直販体制を強化 2019年01月09日
  • パイオニア,上場を廃止し海外ファンド傘下へ 2018年12月12日
  • シーシーエス,仏LED照明メーカーを子会社化 2018年10月25日
  • オキサイド,真空紫外レーザー事業を譲受 2018年09月04日
  • TOWA,オムロンレーザーフロントの社名を変更 2018年08月23日
  • 三菱電機,レーザー加工機仕分けシステムメーカーを買収 2018年08月06日
  • オムロン,レーザー子会社を売却 2018年07月06日