東工大ら,新規強誘電体を開発

東京工業大学と東北大学は共同で,新しい物質群κアルミナ型酸化物に属する「ガリウム鉄酸化物(GaFeO3)」を元素置換し,室温での強誘電性を得ることに成功した(ニュースリリース)。同時に,室温で大きな磁化を有することも分かった。

イオンの大きさ,化学結合,結晶化学的位置と安定性に着目して発見した。現在,世界中で室温動作のマルチフェロイックスの開発競争が繰り広げられている。今回の成果により,類似の構造を有する新物質の探索に拍車がかかると期待されるという。

また,この物質群における室温での強誘電性を確認したことは,同型構造を有するアルミニウムや鉄酸化物における強誘電性の開発が加速され,新しいメカニズムで発現する強誘電体の開発に繋がる可能性があるとしている。

その他関連ニュース

  • 北大ら,柔らかく高性能な強誘電分子結晶を開発 2019年06月19日
  • 京大,暖色白色LED用結晶化ガラスを開発 2019年05月29日
  • 京大ら,軟X線分光器でベリリウムの化学状態分布を解析 2019年04月01日
  • 東大ら,強誘電ドメイン壁の構造をカメラで可視化 2019年01月25日
  • 東大ら,強誘電体のトポロジカルなスピン励起を解明 2018年12月04日
  • 東大,強誘電体トランジスタとメモリの動作原理を解明 2018年12月04日
  • 広島大,室温で強誘電性を示す分子を発見 2018年08月20日
  • 技科大,低圧・短時間で酸化物の焼成に成功 2018年07月02日