アルゴ取扱い「レンズフリー顕微鏡」(イメージングシステム)

アルゴは,ベルギーの国際研究機関であるIMECのμm分解能レンズフリー顕微鏡(イメージングシステム)を取り扱っている(製品ページ)。

このレンズフリーイメージングは一般的な顕微鏡と比べ光学レンズを必要としないため,小型かつ低コストで拡大イメージを収集することができる。測定対象を透過した干渉波を直接センサーのホログラム上に受取り,ソフトウェアで画像を再構築させ,1ショットの測定で広いFOV範囲の計測する。

付属のソフトウェアでは,計測ならびにライブビューの表示に加えて,測定データより独自の画像再構築アルゴリズムを用いて,被写界深度毎にピントを変更して表示させることが可能。観察対象としては,細胞,透明材料,薄膜,エマルジョンの経時観察など(光を透過する対象に限る)がある。

スタンドアローンのレンズフリー顕微鏡としての使用も可能だが,顧客の要望によって単独のモジュール,並列検査用のモジュール,チップへの搭載等での提供も行なっている。

その他関連ニュース

  • 理研,膜タンパク質の構造変化を解明 2018年04月18日
  • ニコン,高速画像取得ができる超解像顕微鏡を発売 2018年04月04日
  • 阪大,非侵襲で単一細胞レベル観測が可能な顕微鏡技術を開発 2018年03月08日
  • 生理研,CNTで電顕による神経回路観察法を高効率化 2018年02月07日
  • 東大,超高速共焦点蛍光顕微鏡を開発 2018年01月30日
  • 筑波大ら,カビの成長機構を超解像度顕微鏡で解明 2018年01月26日
  • エドモンド,顕微鏡用接眼レンズの発売を開始 2018年01月24日
  • オリンパス,多光子励起レーザー走査型顕微鏡用対物レンズを発売 2018年01月17日