NEDOら,CIS系薄膜太陽電池で変換効率22.9%

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)とソーラーフロンティアは,CIS系薄膜太陽電池セル(約1㎠)で,世界最高変換効率22.9%を達成した(ニュースリリース)。

これは,2017年1月にソーラーフロンティアがCIS系薄膜太陽電池セル(約1㎠)で達成した世界最高記録21.7%を1.2ポイントも更新するものであり,これまでに計測されたすべてのセルサイズの中で世界最高変換効率となった。

この成果は,CIS光吸収層の改良や光吸収層表面処理の改善などの技術により達成されたものであり,NEDOプロジェクトが掲げる発電コスト目標(2020年に14円/kWh、2030年に7円/kWh)の達成に向けて大きく前進するもの。

今後両者は,発電コスト目標実現に向け,引き続き,変換効率向上,製造コスト低減,信頼性向上などの技術開発に取り組むと共に,ソーラーフロンティアは,今回の研究成果を活用した製品の実用化に向け開発を進める。

その他関連ニュース

  • 名大,PV用シリコン結晶欠陥の3次元分布を可視化 2018年06月26日
  • 東工大ら,窒化銅で高性能な窒化物半導体を開発 2018年06月22日
  • NEDOら,大面積/高効率ペロブスカイト太陽電池を開発 2018年06月18日
  • 三井化学,透明材料がフレキブル太陽電池に採用と発表 2018年06月01日
  • 富士通フロンテック,低照度で稼働する太陽電池センサービーコンを開発 2018年05月15日
  • 日板,太陽電池向けガラスを増産へ 2018年05月15日
  • OIST,無機材料を用いたペロブスカイト太陽電池を開発 2018年05月11日
  • 阪大,AIによる高分子太陽電池の材料設計に成功 2018年05月09日