TOPTICA,ELT向けレーザーガイド星生成システムを受注

独TOPTICAは、超大型望遠鏡(ELT)の補償光学システムに使用される4つのレーザーをさらに生産するため,ヨーロッパ南部天文台(ESO)と最新の契約を締結した(ニュースリリース)。

この契約は,ESOの超大型望遠鏡(VLT)の開発および展開契約の延長であり,最近始動した同社のスピンオフ企業であるTOPTICA Projects GmbHによって実行される。

これらのユニークなレーザーガイド星生成システムは,2年以上にわたり,チュニジアのパラナールにある主要なESO望遠鏡の1つで広範にテストされている。このシステムはELT望遠鏡の重要な構成要素となり,光学/赤外線地上望遠鏡の前例のない空間分解能を達成するのに貢献する。ELTでは,2024年のファーストライトを予定している。
 
同社は過去10年間にわたる,天文学用途向け589nm(ナトリウム励起波長)ダイオードレーザーベースのファイバー増幅レーザーガイド星生成システム開発のパイオニア。最近,彼らのパートナーである加MPB Communicationsと協力し,レーザー業界の権威であるBerthold-Leibinger Innovation Awardを受賞し,今年初めにはForman-OSA Awardを受賞した。

過去数年間,他の大型望遠鏡のサイトでも,レーザーガイド星生成システムが「SodiumStar 20/2」というブランド名で採用されており,他のアプリケーションとして衛星追跡とLiDARがある。数十Wの出力を有する波長可変単一周波数レーザーまたは波長固定単一周波数レーザー技術は,520nmから640nmの波長にも適用できるという。

その他関連ニュース

  • 千葉大ら,ニュートリノ放射源天体を同定 2018年07月13日
  • AGC,ESO望遠鏡の分割鏡コーティング設備を供給 2018年07月04日
  • 広島大ら,連星が高エネルギー粒子を撒き散らす様子を観測 2018年07月04日
  • 国立天文台ら,活動的小惑星の偏光を観測 2018年06月29日
  • 立教大,「はやぶさ2」搭載カメラ開発に協力 2018年06月28日
  • 広島大ら,ブラックホールからの硬X線放射の偏光観測に成功 2018年06月27日
  • 京産大,近赤領域での地球大気吸収を精密補正 2018年05月28日
  • 大産大ら,遠方銀河までの距離と酸素の存在を確認 2018年05月18日