新潟大,音に感じる色の隠れた法則性を発見

新潟大学の研究グループは,音や音楽を聞くと色を感じる脳の現象“共感覚”において,音に感じる色の共通するパターンとして,ドレミファソラシの七つの音と虹の七色が順序良く対応するという隠れた法則を明らかにした(ニュースリリース)。

音や音楽を聞くと色を感じる脳の現象を共感覚といい,F.リスト,N.リムスキー=コルサコフ,J.シベリウス,エドワード・ヴァン・ヘイレン,佐渡裕など,古今東西,音楽家には比較的多くみられる。ただし,ニ長調などの調性の色についてリストとリムスキー=コルサコフの意見が食い違ったように,色の感覚には個人差が大きく,音と色の対応には一定の法則はないと思われていた。

しかしこれまでの研究は,少数の共感覚者を対象としたものが散発的にあるのみで,十分な検討はされていない。そこで15名という多数の共感覚者を集めて,あらためて詳しく調べてみた。

音に感じる色を自由に選んでもらうと,確かに個人差があった。しかし,選ばれた色の平均値を計算して背後に共通するパターンを探ると,ドレミファソラシの七つの音と虹の七色が順序良く対応する,隠れた法則が明らかになった。

心理学実験でさらに詳しく調べると,色は音そのものではなく,音の名前(階名)と結びついていることも分かった。

なぜこのような結びつきが生じるのか,原因は不明。「レはレモンのレ」や「ソは青い空」など,誰もが小さい頃に歌う「ドレミの歌」が原因かもしれない。しかしドの赤や,シの紫など,説明できない部分も残る。この現象の究明は,我々の脳が,何故どのように音楽に心を動かされるのかという未解明の問題に,ヒントを与えてくれるかもしれないとしている。

その他関連ニュース

  • 筑波大ら,脳機能を高める運動療法の効果と機構を解明 2018年01月10日
  • 名大ら,シリコンフォトマルで高精度小型PETを開発 2017年11月29日
  • 順天堂大ら,なじみや目新しさを司る神経信号を光遺伝学で発見 2017年08月22日
  • 理研,思い出すための神経回路を光遺伝学で発見 2017年08月22日
  • 九大ら,霊長類の色覚が顔色の判別に優れることを発見 2017年06月15日
  • 名大ら,鳥を参考に構造発色性顔料と光学デバイスを構築 2017年05月01日
  • 理研,ナノ構造でアルミに可視光全域の「色」を作製 2017年04月27日
  • 阪大,脳活動で特定の遺伝子が活性化する仕組みを観察 2016年11月21日