東大合田教授,SPIEフェローに選出

東京大学大学院 理学系研究科 化学専攻教授の合田圭介氏が,2018年のSPIEフェローに選出された(ニュースリリース)。

SPIE (The International Society for Optics & Photonics)は1955年に設立された光学とフォトニクスの分野における世界最大の学会。SPIEフェロープログラムでは,当該分野の研究と教育において顕著な実績と貢献を残した会員にSPIEフェローの称号が贈られる。

今回,合田氏の「超高速イメージング法,超高速分光法,生命科学・医学分野への応用」の研究実績および光学とフォトニクスの分野におけるグローバルスケールでの教育活動が高く評価され,SPIEフェローに選出された。

その他関連ニュース

  • 東大合田教授,超高速イメージング・分光で高野榮一賞を受賞 2018年01月15日
  • 埼玉大 吉川洋史氏,日本結晶成長学会論文賞を受賞 2017年12月11日
  • 理科大藤嶋学長,平成29年度文化勲章を受章 2017年10月25日
  • 「ゴットフリード・ワグネル賞 2018」公募開始 2017年10月20日
  • 東大合田教授ら,日本光学会特別賞などを受賞 2017年10月13日
  • 富士フイルム,シネマレンズでエミー賞受賞 2017年10月03日
  • 三菱ケミの植物工場野菜,優秀味覚賞を受賞 2017年10月03日
  • 立教大森本氏,光化学協会奨励賞を受賞 2017年10月02日