シーシーエスの「自然光LED」

シーシーエスの「自然光LED」は,紫色から赤色まで全ての可視光の波長を含んでいるため,太陽の下の自然の光に極めて近いという特性を持つ(製品ページ)。

「自然光LED」は紫励起のLEDチップをベースとすることで,紫色から赤色までの可視光を含む。色の再現性を示す平均演色評価数はRa98と,LED照明業界における最高水準を実現しており,被照射物の持つ色を自然に忠実に表現することができる。

同社は開発から製造まで国内自社工場の一貫体制を敷いており,「信頼のものづくり」「迅速且つ細やかな対応」をモットーとしている。LED検査用照明で国内・海外ともにトップシェアを占めており,医療機器や分析装置などにおいても,最適なLEDを提供できるとしている。

その他関連ニュース

  • 立命館ら,無線給電の光るつけまつげの動作を実証 2018年01月15日
  • 三菱ガス化学,植物工場による野菜生産事業に参入 2018年01月11日
  • 東大ら,浮遊可能なLED発光体を開発
    東大ら,浮遊可能なLED発光体を開発 2018年01月10日
  • シーシーエスの「カスタムLED」 2017年12月25日
  • 小糸ら,新規白色LED用赤色蛍光体を開発 2017年12月11日
  • パイクリスタル,布状のLEDディスプレーを実証 2017年12月11日
  • 徳島大,LEDによる殺菌メカニズムを解明 2017年12月08日
  • エムティサービス,補正機能付きLED照明を発売 2017年11月21日