トプコン,点群データの処理サービスを開始

トプコンの子会社で,日本国内でポジショニング機器販売等を行なうトプコンソキアポジショニングジャパンは,3D点群データの処理を行なうサービスを開始した(ニュースリリース)。

国土交通省が推進する「i-Construction」仕様の工事発注が増加するのに伴い,地上型レーザースキャナーやUAVを用いた写真測量により地形や構造物の現況を高密度にデジタルデータ化する,3D測量の需要が高まっている。しかし,この3D測量により取得された大容量データの処理には経験が必要で,時間や手間が掛かることが課題となっていた。

そこで同社は,3D測量によって取得したデータ処理作業をサポートするサービスを開始する。地上型3DレーザースキャナーとUAVによる写真測量により取得した3D測量データの処理からスタートし,今後更なるサービスの拡充を計画しているという。

具体的には同社の3D点群処理ソフトウェアを使用し,顧客より預かった同社製の地上型レーザースキャナーで取得した3D測量データのレジストレーション(結合)および精度検証を行ない,3D点群データを生成し納品する。また,UAVによる写真測量データにおいては,3D点群処理ソフトウェアを使用して標定および精度検証を行ない,3D点群データを生成し納品する。

その他関連ニュース

  • Cepton,独自方式のLiDARをデモ 2018年07月13日
  • 三菱電機,仏空港から気象ドップラーライダーを受注 2018年07月13日
  • 水中光無線/LiDARを目指すALANコンソーシアムが始動 2018年07月12日
  • 芝浦工大,LiDARの識別性能を向上させる技術を開発 2018年07月04日
  • 自動運転向けLiDAR市場,2030年に4,959憶円へ 2018年06月29日
  • Quanergy,ソリッドステートLiDARを発表 2018年06月07日
  • NHK技研,立体映像向け光フェーズドアレーデバイスを試作 2018年06月05日
  • 群大ら,自動運転バスを開発 2018年06月05日