オンセミ,バイドゥの自動運転プロジェクトに参加

オン・セミコンダクターは,中国バイドゥ社の自動走行プラットフォーム・プログラム「アポロ」に参加した(ニュースリリース)。この協業により,アポロ・エコシステムのパートナー企業は,両社が共同開発したプラグ・アンド・プレイ対応のイメージング・ソリューションを利用できる。

アポロはオープンソースの信頼性の高いソフトウェアとハードウェアのシステムを提供するため,車載システムの設計者による自動走行システムの効率的な開発が可能。イメージセンシングは,高度な自動運転機能をサポートする,アポロ・プラットフォームの重要なコンポーネントのひとつとなっている。

同社の3μmCMOSイメージセンサーにより,自動運転向けのビジョンシステムの開発を即座に開始でき,量産時に将来のセンサーへ移行する柔軟性も備えている。このセンサーは,ハイダイナミックレンジ(HDR)の仕様により,車載環境に特有の厳しい低照度や照度の混在するシーンにおいて,鮮明でクリアなイメージとビデオを提供する。

この協力関係により,車載カメラ・アプリケーションの設計,テスト,実装の簡素化かつ迅速化に加え,アポロのエコシステムの参加企業は同社の技術サポートと製品情報に優先的にアクセスできる。また,早い段階で同社の次世代の画像センシング技術に触れる機会を得ることができるとしている。

その他関連ニュース

  • 2022年の世界カーナビ市場,3,117万台まで拡大 2018年01月22日
  • 三菱電機,電子ミラー向け物体認識技術を開発 2018年01月22日
  • オンセミ,ADAS向けイメージセンサーシリーズを発表 2018年01月15日
  • ソニー,CESで「車の眼」の進化を紹介 2018年01月10日
  • オムロン,「ドライバー見守り車載センサー」を発売 2017年12月26日
  • パイオニア,LiDARのNVIDIAプラットフォーム対応を協議 2017年12月20日
  • TriLumina,CESでVCSELによるLiDARモジュールを展示 2017年12月20日
  • パイオニアの3D-LiDAR,オープンソースに対応 2017年12月05日