ソニー,CESで「車の眼」の進化を紹介

ソニーは,車載向けをイメージセンサービジネスにおける注力領域の一つと位置付け,同社のイメージセンサーにおける高い技術力を結集させた業界初の機能と性能を持つ商品を発表してきた。CES2018(米国ネバダ州ラスベガス)では,今後高度な自動運転の実現に向けて同社が提案する,イメージセンサー技術による「車の眼」の進化を紹介する(ニュースリリース)。

暗所,逆光などの運転環境下において自動車の周囲360度の状況を検知し,早期からの危険回避行動を支援する技術を疑似体験できる。加えて望遠や広角,高速,感度などが求められるシーンにおける,肉眼とイメージセンサーによる撮像の違いを体感できるという。

同社は,人の眼を超えるイメージセンサーの開発により,暗所における感度,遠方や広角撮影のための解像度,逆光シーンでのダイナミックレンジの向上に取り組んでいる。この取組により,肉眼では視認困難な運転環境においても効果的な環境認知を可能にするとしている。

同社のこれまでの主な発表は以下の通り。
世界最高感度の車載カメラ向けCMOSイメージセンサーを商品化」(2014年10月)
Softkinetic Systems S.A.(ソフトキネティックシステムズ社)買収」(2015年10月)
LEDフリッカーの抑制と高画質なHDR撮影を同時に実現する車載カメラ向け高感度CMOSイメージセンサーを業界初の商品化」(2017年4月)
業界最高解像度の車載カメラ向け有効742万画素積層型CMOSイメージセンサーを商品化」(2017年10月)

そしてCES2018では,自動車の周囲360度の状況検知により,早い段階から危険回避行動を支援することで,車の周囲に,より安全性を高めた領域を作り出すという,同社が目指す安全性能のビジョンを,「Safety Cocoon(セーフティコクーン)」と名付けて紹介した。

イメージセンサーを中心にビューイングとセンシングの領域において「車の眼」を進化させ,より高い安全性能を早期に実現することにより,自動運転社会の進展に貢献にできるよう開発を推進していくとしている。

その他関連ニュース

  • 三菱電機,電子ミラー向け物体認識技術を開発 2018年01月22日
  • ロボット向けTOF市場,2025年に1,527億円に 2018年01月16日
  • オンセミ,ADAS向けイメージセンサーシリーズを発表 2018年01月15日
  • オンセミ,バイドゥの自動運転プロジェクトに参加 2018年01月10日
  • オムロン,「ドライバー見守り車載センサー」を発売 2017年12月26日
  • パイオニア,LiDARのNVIDIAプラットフォーム対応を協議 2017年12月20日
  • TriLumina,CESでVCSELによるLiDARモジュールを展示 2017年12月20日
  • パイオニアの3D-LiDAR,オープンソースに対応 2017年12月05日