千葉大ら,世界最薄の有機分子膜作成を実現

千葉大学と京都大学の研究グループは,鉄磁石を利用してこれまでの1000分の1以下の薄さとなる世界最薄の有機分子膜作成を実現した(ニュースリリース)。

昨今,有機ELディスプレーなど,非常に薄い膜を使用した家電製品が実現してきている。これにより,壁掛けテレビや曲がるテレビが開発されている。また,スマートフォンのディスプレーにも有機分子膜が使われている。

さらに分子膜を薄くできれば,膜作成に必要な分子の量を節約でき「省資源」化につながる。さらに,薄くすることで,より小さな電力で分子膜を機能させることができ「省エネ」が実現する。

現在の分子膜の厚さは約0.001mm。これでも十分薄いが研究グループは走査トンネル顕微鏡(STM)を用いた超高感度の顕微鏡観察から,既存の手法で分子膜を薄くしていくと,室温では1個1個の分子が動いてしまい,安定な膜にならないことを発見した。

ところが,鉄磁石の力をかりると,この分子の動きがピタッととまり,非常に安定な分子膜となることを発見した。しかも,その分子膜の厚さを0.0000003mmという,現在使われている分子膜の1000分の1以下にまで薄くすることに成功した。

新着記事

  • KEKら,機械学習でX線吸収スペクトル解析を自動化
    KEKら,機械学習でX線吸収スペクトル解析を自動化 2019年04月19日
  • 浜ホト,世界最高出力産業用パルスレーザーを開発
    浜ホト,世界最高出力産業用パルスレーザーを開発 2019年04月19日
  • 東北大ら,高温・大気中で安定なn型混合導電体を開発 2019年04月19日
  • JSTとAMED,2019年度の目標決定と課題の公募を開始
    JSTとAMED,2019年度の目標決定と課題の公募を開始 2019年04月19日
  • 阪大,セルロースの固有複屈折を解明 2019年04月18日
  • 住友化学,米企業と光学フィルムなどを開発 2019年04月18日
  • 技科大ら,光合成に黄緑色光を使うための光スイッチを発見 2019年04月18日
  • 2025年デジタル・デバイス市場,32.8%増の7168億円 2019年04月18日