阪大ら,アモルファス太陽電池で変換効率9%超を実現


大阪大学の研究グループは,独マックスプランク高分子研究所と共にアモルファス特性を持つ有機薄膜太陽電池材料の高性能化に成功した(ニュースリリース)。

これまで,太陽電池は,結晶性ポリマーの太陽電池材料を用いることで10%を超える光電変換効率が得られることが知られていた。これは太陽電池の薄膜活性層での効率的な正孔と電子の移動に有利であるため。

これに対して研究グループでは,マックスプランク高分子研究所とともにアモルファスポリマーにおいても高移動度化により太陽電池の高性能化が可能になるのではないかと考え材料開発を展開した。その結果,光電変換効率が9%を超える太陽電池素子の作製に成功した。

今回開発したアモルファスポリマー材料を用いると結晶性ポリマー材料よりも簡単に,再現性の高い薄膜を作製することができる。この研究成果により,有機薄膜太陽電池作製法が簡便化されることが期待される。また大面積化の太陽電池の作製もこれまでより容易になることが期待されるとしている。

その他関連ニュース

  • NEDOら,大面積/高効率ペロブスカイト太陽電池を開発 2018年06月18日
  • 三井化学,透明材料がフレキブル太陽電池に採用と発表 2018年06月01日
  • 富士通フロンテック,低照度で稼働する太陽電池センサービーコンを開発 2018年05月15日
  • 日板,太陽電池向けガラスを増産へ 2018年05月15日
  • OIST,無機材料を用いたペロブスカイト太陽電池を開発 2018年05月11日
  • 阪大,AIによる高分子太陽電池の材料設計に成功 2018年05月09日
  • 京大ら,寿命1000倍となる有機太陽電池の構造を実現 2018年05月01日
  • 東大,ペロブスカイト太陽電池を安定化する正孔輸送材料を開発 2018年04月09日