日亜,超高演色白色LEDを発売

日亜化学は,効率よく,基準の光のスペクトル形状により近づけることに拘った白色LED「Optisolis™」を発売する(ニュースリリース)。

この製品は,同社が培ってきた青色チップと蛍光体の技術を用いており,あらゆる色味を基準の光の下での色味に忠実に再現することができるとしている。演色評価数についても,現在,一般照明で広く使われている演色性の高い従来商品に比べても大きく改善している。

また,UV(紫外)放射がほぼ含まれないため,UVを含む光源に比して,照射物の劣化を最小限に留めることができるという。

照射物の損傷への影響が少なく,色を忠実にみせることが望ましい博物館,美術館照明や,色の忠実な再現が必要な色評価用照明(例:塗装評価,印刷物評価)及び商業用照明などに特に適しているとしている。

将来的には,一般照明(住宅用)を含む,幅広いアプリケーションへの展開を目指す。

その他関連ニュース

  • 東工大,有害元素フリーの高効率青色発光体を実現 2018年09月20日
  • フェニックス電機ら,近紫外~近赤外の広帯域LEDを開発 2018年09月12日
  • DOWA,1,300nm帯で出力6.8mWとなるLEDチップを開発 2018年09月03日
  • 【OPTO TAIWAN】和蓮光電科技のマイクロLED 2018年08月30日
  • 【OPTO TAIWAN】レーザー用蛍光体大手の台灣彩光科技
    【OPTO TAIWAN】レーザー用蛍光体大手の台灣彩光科技 2018年08月30日
  • 三菱電機,甲子園の新大型LEDスクリーンを受注 2018年08月27日
  • 2025年LEDパッケージ市場,2017年比8.7%増の2兆774億円 2018年08月21日
  • 京セラ,海中の光を模した「アクアリウムLED照明」を発売 2018年07月31日