日板のプライバシーガラス,トヨタの高級ミニバンに採用

日本板硝子は,同社の開発した世界初の新プライバシーガラス「UV Protect 400™」が,2018年1月8日より予約発売が開始された,トヨタのアルファード/ヴェルファイアのスライドドアガラス,リアクォーターガラス,バックドアガラスに採用されたと発表した(ニュースリリース)。

このガラスは,ガラス単独で従来のプライバシーガラスに比べて,長波長側の紫外線(370nm~400nm)も含めて約99%カットしながら,赤外線カット性能も大幅に向上し,約90%以上をカットする。アルファードでは,Executive Lounge / Executive Lounge Sに,ヴェルファイアでは,Executive Lounge / Executive Lounge Zに採用された。

このガラスは,同社がこれまで長年にわたり培ってきたフロート工法の技術と経験により,製造が可能となったという。

その他関連ニュース

  • AGC子会社ら,フロントガラス一体型LiDARを開発中 2019年04月08日
  • AGC,自動車用ガラスアンテナ開発を日米欧3極体制に 2019年03月20日
  • JDI,仏ティア1と車載ディスプレーで協業 2019年03月05日
  • オハラの低膨張ガラス,人工衛星のミラー材料に採用 2019年01月30日
  • TI,ADB向けDLPチップセットを発売 2019年01月23日
  • NSCら,ケミカル研磨で曲面有機ELパネルを開発 2019年01月18日
  • リコー,欧州の自動車向けセンサーメーカーと協業 2019年01月16日
  • 日立,車載用ステレオカメラ向け技術を開発 2019年01月08日