ショット,東京と滋賀の2社を統合

独ショットは2月1日付けにて,東京の販売会社である旧・ショット日本と,滋賀の開発・製造・販売会社であるショット日本(元NEC SCHOTTコンポーネンツ)とが統合したと発表した(ニュースリリース)。

この統合により,新会社は,特殊ガラスでの実績に加え,エレクトロニック・パッケージング事業の開発・製造・販売拠点を国内に擁することで,より総合的なソリューションの提供が可能となる。

新会社の名称は「ショット日本株式会社」。本店所在地は,滋賀県甲賀市(水口)となる。ここは,2000年に設立された合弁会社NEC SCHOTTコンポーネンツが前身で,2017年12月にショットの完全子会社となり現社名となった。精密な電子部品を保護する気密端子(ハーメチックシール/GTMS)や温度ヒューズのブランド「SEFUSE®」などの電子部品を開発・製造・販売している。これらの電子部品の主な用途は,電子デバイス,家庭用電化製品,自動車,オプトエレクトロニクスなど。

東京営業部(旧「ショット日本株式会社」東京都新宿区)は,ショットグループのアジア初の販売子会社として,結晶化ガラス,光学ガラス,薄板ガラス,管ガラスなどの日本市場での販売を担当している。今回の統合ではもう一つの拠点となる。

両拠点は,それぞれ現在の体制で既存のビジネスを継続するとともに,お互いのリソースを有効活用し,お互いの強みを活かしていくとしている。

その他関連ニュース

  • オプテックス,東京光電子工業を孫会社化 2019年01月10日
  • 島津製作所,米国の医療機器直販体制を強化 2019年01月09日
  • パイオニア,上場を廃止し海外ファンド傘下へ 2018年12月12日
  • シーシーエス,仏LED照明メーカーを子会社化 2018年10月25日
  • ニコン,眼科用医療機器販社を設立 2018年10月03日
  • オキサイド,真空紫外レーザー事業を譲受 2018年09月04日
  • TOWA,オムロンレーザーフロントの社名を変更 2018年08月23日
  • 三菱電機,レーザー加工機仕分けシステムメーカーを買収 2018年08月06日