コーニング、光ファイバーケーブル工場を新規開設

米コーニングインコーポレイティッドは,米ノースカロライナ州ニュートン市に新たな光ケーブル製造工場を正式に開設したと発表した(ニュースリリース)。

これにより,200名以上の雇用が見込まれる。これは同社の光ファイバー,光ケーブル,および接続ソリューションの製造施設に2億5千万ドル以上を投資するという計画に基づくもの。また,同じく米国内ノースカロライナ州の光ファイバー製造工場,ウィンストンセーラム市及びヒッコリー市にある光ケーブル製造工場の拡張も進めている。

通信ネットワークに接続するデバイスが急増する中,通信需要は世界的に拡大している。そのための光ファイバーや光ケーブルへの需要も急増している。同社はこうした成長市場に安定的に製品を供給する計画を進めている。

1970年,同社は世界で初めて低損失光ファイバーを開発して以来,世界中をネットワークで繋ぐために,10億キロメートルを超える光ファイバーを出荷してきた。今後,2020年までにオプティカルコミュニケーション事業の年間売上で50億ドルを達成するという目標に向けて投資を進めている。

その他関連ニュース

  • クラレのPSF,「日化協技術賞」技術特別賞受賞 2020年05月20日
  • 東大ら,光ネットワークの仮想化制御に成功 2020年04月20日
  • 富士通,補償技術で科学技術賞開発部門受賞 2020年04月08日
  • NICTら,マルチモードで172Tb/s・2,040km伝送 2020年03月11日
  • OIST,大型励起原子を光ファイバー付近に生成 2020年03月10日
  • NII,東京-大阪の学術ネットを400Gb/sに 2019年12月27日
  • フジクラ,200µm屋内外兼用光ケーブル発売 2019年12月13日
  • フジクラ,新型コア調心融着接続機を発売 2019年12月13日