コーニング、光ファイバーケーブル工場を新規開設

米コーニングインコーポレイティッドは,米ノースカロライナ州ニュートン市に新たな光ケーブル製造工場を正式に開設したと発表した(ニュースリリース)。

これにより,200名以上の雇用が見込まれる。これは同社の光ファイバー,光ケーブル,および接続ソリューションの製造施設に2億5千万ドル以上を投資するという計画に基づくもの。また,同じく米国内ノースカロライナ州の光ファイバー製造工場,ウィンストンセーラム市及びヒッコリー市にある光ケーブル製造工場の拡張も進めている。

通信ネットワークに接続するデバイスが急増する中,通信需要は世界的に拡大している。そのための光ファイバーや光ケーブルへの需要も急増している。同社はこうした成長市場に安定的に製品を供給する計画を進めている。

1970年,同社は世界で初めて低損失光ファイバーを開発して以来,世界中をネットワークで繋ぐために,10億キロメートルを超える光ファイバーを出荷してきた。今後,2020年までにオプティカルコミュニケーション事業の年間売上で50億ドルを達成するという目標に向けて投資を進めている。

その他関連ニュース

  • NICTら,標準外径ファイバで159Tb/s・1045km伝送 2018年04月05日
  • NTT-AT,放送・映像向け光コネクタ清掃用クリーナを発売 2018年04月04日
  • プロリンクス,小型ファイバー素線端面測定機を発売 2018年04月04日
  • 名大ら,最高分解能の放射線画像化装置を開発 2018年02月20日
  • 岡野電線,繰返し曲げられる細径光ファイバーケーブルを発売 2018年02月19日
  • フジクラ,操作性/保守性を向上した光ファイバー切断工具を開発 2018年02月14日
  • 東北大,ナノ光ファイバーでの偏光のカイラリティを解明 2017年12月21日
  • NTT-AT,ODCコネクタ対応クリーナーを発売 2017年12月20日