SEMI,2017年のシリコンウエハ出荷面積は10%増と発表

SEMIは,2月6日(米国時間),SEMI Silicon Manufacturers Group(SMG)が2017年末に実施したシリコンウエハ業界の分析結果をもとに,2017年の世界シリコンウエハ出荷面積が前年比10%増となり,販売額は前年比21%の増加となったと発表した(ニュースリリース)。

それによると,2017年の世界シリコンウエハ出荷面積は,総計118億1,000万平方インチとなり,過去最高であった2016年の出荷面積107億3,800万平方インチを上回った。販売額は,2016年の72.1億ドルから87.1億ドルへと21%増加した。

半導体用シリコンウエハの年間出荷面積は,4年連続で過去最高を記録した。販売額は昨年比で増加しているものの,10年前に記録された過去最高の水準をずっと下回っているという。

  2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
出荷面積
(百万平方インチ)
8,661 8,137 6,707 9,370 9,043 9,031 9,067 10,098 10,434 10,738 11,810
販売額
(十億ドル)
12.1 11.4 6.7 9.7 9.9 8.7 7.5 7.6 7.2 7.2 8.7

その他関連ニュース

  • 半導体前工程装置市場,2019年に減少も2020年は過去最高へ 2019年03月14日
  • PSFSら,プラズマダイシング向けレジスト塗布法を開発 2019年03月13日
  • 200mmファブの世界生産,2022年までに70万枚増加 2019年02月13日
  • NEC,半導体チップの耐放射線性を宇宙で実験 2019年01月22日
  • 産総研と東大,AIチップ開発拠点を設立 2018年12月28日
  • ToFセンサー市場,2025年に1,028億円に 2018年12月25日
  • 電子情報産業の世界生産額,過去最高を更新 2018年12月19日
  • 半導体製造装置市場,2019年に縮小も2020年は過去最高に 2018年12月12日