Vテク,有機EL蒸着装置製造拠点と照明用パネル企業買収を決定

ブイ・テクノロジーは,有機EL用次世代蒸着マスク「ファインハイブリッドマスク(FHM)」の製造および次世代蒸着技術の開発等を目的とする会社として,昨年12月1日に資本金4億9千万円にて設立した株式会社ブイ・イー・ティー(VET 社)が,製品の製造・開発を,山形県米沢市にて行なうと発表した(ニュースリリース)。

山形県米沢市八幡原中核工業団地 山形県産業技術振興機構「有機エレクトロニクス事業化実証施設」を予定しており,設備投資額は2~3年間で約50億円程度を計画している。

また,三菱重工が保有する,照明用有機ELパネルを製造するLumiotecの全株式の譲受けについても基本合意したと発表した(ニュースリリース)。

Lumiotecは,世界で初めて「照明用有機ELパネル専業会社」として誕生した。同社は今回,平成30年(2018年)4月1日の株式の譲受け(発行済み株式の99.9%に相当)を目指し,三菱重工と基本合意書を締結した。

Lumiotecが保有する技術は,同社グループの有機ELビジネスに関連するものも多く,グループの発展に貢献することが期待できるとしている。なお,譲渡価格等の情報は非公表。

その他関連ニュース

  • IHS,混沌を増すディスプレー市場について報告
    IHS,混沌を増すディスプレー市場について報告 2019年02月15日
  • 東ソー,プリンテッドエレクトロニクス材料を開発 2019年01月30日
  • NSCら,ケミカル研磨で曲面有機ELパネルを開発 2019年01月18日
  • 北大,固体状態で進行するクロスカップリング反応を開発 2019年01月16日
  • オプテックス,東京光電子工業を孫会社化 2019年01月10日
  • ams,OLEDパネル背後で計測する光センサーを発売 2019年01月09日
  • 島津製作所,米国の医療機器直販体制を強化 2019年01月09日
  • アマダ,レーザー発振器等の基幹モジュール工場を新設 2018年12月27日