富士通,オールインワン型手のひら静脈認証装置を発売

富士通と富士通フロンテックは,オールインワン型の手のひら静脈認証装置「FUJITSU 生体認証 PalmSecure Connect(パームセキュア コネクト)」を新たに開発し,2月13日より販売を開始する(ニュースリリース)。価格は15万円から。

近年,手のひら静脈認証は,企業や自治体などのセキュリティ対策として,PCログオン用途での活用が増加しているなか,認証を必要とするその他の業務システムやオフィス機器への適用のニーズも高まっている。しかし,業務システムやオフィス機器は独自のOSを搭載していることが多く,手のひら静脈認証機能を組み込むにはOSごとに連携機能を個別開発しなければならなかった。

新製品は,より多様なシステムや機器に手のひら静脈認証を活用できるよう,手のひら静脈センサー,OS,ミドルウェア,タッチパネルディスプレーなどを一体化した。手のひら静脈データを統合的に管理・運用する富士通の認証サーバとの連携や認証処理を行なう機能などを実装し,業務システムやオフィス機器に容易に手のひら静脈認証機能を付与することが可能となり,セキュリティ強化や利便性の向上を実現する。

手のひら静脈センサーは小型の機器組み込み向けに新たに開発。USBポートだけでなくオプションで2つのLANポートを内蔵することで,オフィス機器と認証サーバを接続するためのハブとして利用することも可能。電源を内蔵しているため,ACアダプターを不要とし,コンパクトな筐体を実現した。今後5年間で100億円(関連ソフトウェア・SIを含む)の売上を目指すとしている。

その他関連ニュース

  • JDI,透明な静電容量式ガラス指紋センサーを開発 2018年01月25日
  • 富士通,静脈認証の大規模な社内活用を開始 2018年01月19日
  • NEC,カメラによる静脈認証ソリューションを発売 2017年09月20日
  • 富士通とみずほ銀,オンライン生体認証を共同開発 2017年04月12日
  • NII,指紋盗撮防止手法を改良 2017年03月22日
  • シチズン電子,生体認証向け赤外LED2機種を発表 2017年03月15日
  • オスラム,虹彩認証向け赤外LEDを発売 2017年03月01日
  • 富士通研,モバイル向け静脈認証ユニットを開発 2017年01月10日