三菱電機,自動車向け「安心・安全ライティング」を進化

三菱電機は,光で車の動きを事前に周囲の歩行者や車両に伝えて事故を未然に防ぐ「安心・安全ライティング」において,実用化に向けて新たに「アニメーションを利用して悪天候時でも判別しやすい表示」「ドア開け・後退時に車外センサーと連動してより注意を喚起する表示」「表示図形の見え方を検証できる設計ツール」を開発した(ニュースリリース)。

大きな図形のアニメーションは,悪天候時でも歩行者などが判別しやすい表示を実現し,車外センサーの検知領域に入った歩行者に路面の表示図形を点滅させて注意を喚起すると共に,運転席のドアノブ近くのライトを点滅させ,運転者の注意も喚起する。

また,「表示図形の見え方を検証できる設計ツール」を用いることで,実車搭載前に路面に表示する図形の様々な角度からの見え方を検証できるほか,車の状態や表示するアニメーションのパラメータなどを変更でき,状況に応じたデザインを実現できるという。

同社では実用化に向けた研究開発を継続し,2020年度以降の事業化を目指すとしている。

その他関連ニュース

  • TI,ADB向けDLPチップセットを発売 2019年01月23日
  • NSCら,ケミカル研磨で曲面有機ELパネルを開発 2019年01月18日
  • リコー,欧州の自動車向けセンサーメーカーと協業 2019年01月16日
  • 日立,車載用ステレオカメラ向け技術を開発 2019年01月08日
  • AGCの曇りにくいガラス,ダイハツが採用 2018年12月19日
  • 2030年,自動車向けカメラモジュール生産量は5倍に 2018年12月19日
  • 三菱電機,自動車向け曲面ディスプレーを製品化 2018年12月04日
  • トヨタ,予防安全システム搭載車を1,000万台出荷 2018年11月28日