エプソン,スポットライトを兼ねたプロジェクターを発売

エプソンは,レーザー光源搭載プロジェクターの新商品として,空間演出市場に向けたライティングモデル「EV-100」「EV-105」のカラーバリエーションの異なる2機種を2018年5月上旬より発売する(ニュースリリース)。オープン価格。

新商品は,映像投写はもちろんスポットライトとしても活用できるプロジェクター。空間になじみやすい円筒型の形状で,テーブルや展示台,商品などスクリーン以外への投写が可能。さらに,投写する映像を円や窓の形にするなどのアレンジが簡単にできる。優れた設置性により,さまざまな場所で映像による新しい空間演出として使用できる。

プロジェクターとしての映像投写はもちろん,商品などを直接照らすスポットライトとしても活用できる。色温度は,3,200K~10,000Kまで自由に設定でき,暖かみのある光からクリアな光まで,利用シーンに応じた演出を実現する。

明るさは,3LCD方式採用により,全白もカラーも同じ2,000 lm。解像度はWXGAで明るい高画質映像を実現する。3LCD方式のプロジェクターは,投写画面をカメラで撮影するときにノイズが出ないため,SNSに映える鮮やかな写真が撮れる。

また,オリジナルのソフトにより,再生リストの作成,オリジナルフィルターの適用,投写スケジュール設定などができる。無機素材を採用したレーザー光源により,20,000時間メンテナンスフリーで,ランプ切れの心配がなく長時間稼働が可能。

その他関連ニュース

  • 岩崎,大輝度レーザー投光器を発売 2019年06月04日
  • エプソン,レーザーホームプロジェクターを発売 2019年05月24日
  • NECディスプレイ,シネマ用レーザープロジェクターを発売 2019年04月05日
  • 2025年のレーザー照明世界市場,2兆1198億円に 2019年04月03日
  • μLED/レーザーなど次世代光源,2030年5.2兆円市場に 2019年02月22日
  • 京大ら,次世代の指向性白色光源の開発に成功 2018年12月07日
  • デルタ電子,8Kレーザープロジェクターを発売 2018年12月05日
  • 【CEATEC2018】TDK,任意の形状を得られる単結晶蛍光体を開発
    【CEATEC2018】TDK,任意の形状を得られる単結晶蛍光体を開発 2018年10月19日