阪大,非侵襲で単一細胞レベル観測が可能な顕微鏡技術を開発

大阪大学の研究グループは,外部から色素や造影剤を添加せずに免疫細胞の非侵襲的測定を可能にする,マルチモーダル顕微鏡プラットフォームを開発した(ニュースリリース)。

ラベルフリーの光学測定は,非侵襲的に試料を観察する手法として発展してきた。一方で,定量位相顕微鏡法やラマン分光法などの技術は広く用いられてきたものの,通常,細胞の形は分かっても,細胞の活性状態の測定は困難だった。

研究グループは今回,外部から色素や造影剤を添加せずに免疫細胞の非侵襲的測定を可能にするマルチモーダル顕微鏡プラットフォームを開発した。これらの測定値から抽出されたパラメータは,機械的アルゴリズム(ディープラーニング)を用いて,リポ多糖類(LPS)投与時のマクロファージ活性化など細胞応答の解析を可能にする。

同グループは,こうした非侵襲的光学的手法により,単一細胞レベルでの活性化および部分的な活性化阻害が観察できることを示した。

今回開発した研究アプローチは,試料の内在的なコントラスト,すなわちその表現型および細胞内の全分子の量に基づく非侵襲的技術に基づくもの。これまでは個々の細胞応答ではなく細胞集団レベルで試料を測定することが多かったのに対し,単一細胞レベルでの測定を可能とし,集団内の個々の細胞間相互作用の研究を可能にするとしている。

その他関連ニュース

  • 徳島大ら,共焦点顕微鏡の高速化に光コムで成功 2018年05月18日
  • 産総研ら,蛍光色素付き発光基質で生物発光を多色化 2018年05月18日
  • 東大ら,2光子顕微鏡で霊長類の多細胞活動を長期・同時計測 2018年05月16日
  • エドモンド,Etaluma社との販売パートナーシップを発表 2018年05月16日
  • ブルカー,非接触3次元光学顕微鏡を発売 2018年05月14日
  • 阪大,AIによる高分子太陽電池の材料設計に成功 2018年05月09日
  • 理研,多光子レーザー顕微鏡向け球面収差補正システムを開発 2018年05月08日
  • 理研,膜タンパク質の構造変化を解明 2018年04月18日