三菱電機のオーロラビジョン,IEEEマイルストーンに認定

三菱電機は,同社長崎製作所で製造するカラー大型表示装置(製品名:オーロラビジョンⓇ)が,IEEE主催の「IEEEマイルストーン」に認定されたと発表した(ニュースリリース)。

1980年に世界で初めて同社が開発した「屋外の直射日光下で使用できるフルカラー大型ディスプレー」技術が,現在でも世界中の屋内外で人々を映像で楽しませる手段として大きな役割を果たしていることが高く評価されたという。

また,同社としては,MUレーダー(2015年認定),野辺山45m電波望遠鏡(2017年認定)に続く3件目の認定となった。

その他関連ニュース

  • SEL,世界最小8KおよびフォルダブルOLEDディスプレーを開発 2018年12月14日
  • JNCと関学が開発した有機EL材料,スマホに採用 2018年12月12日
  • 阪大,チューブ内の液滴を用いたディスプレーを開発 2018年12月11日
  • 2017年車載用ディスプレー市場,前年比106.8%の1億4,868万枚 2018年12月10日
  • 京大 金光義彦氏,島津賞を受賞 2018年12月06日
  • 天田財団,平成30年度前期助成先を決定-助成金目録贈呈式典を開催
    天田財団,平成30年度前期助成先を決定-助成金目録贈呈式典を開催 2018年12月05日
  • DNP,タブレットの書き心地が向上するフィルムを開発 2018年12月04日
  • 2017年OLED関連部材市場,前年比44.8%増の1,589億円 2018年12月04日