エドモンド,低価格OCTシステムを発売

エドモンド・オプティクス・ジャパンは,米Lumedica社の一体型高分解能OCTイメージングシステム「OQ LabScope」の発売を開始した(製品ページ)。

この製品は,非常に高価で複雑なシステムを安価に代替できるもの。130万円を下回る価格により,これまで価格の折り合いがつかなかった科学者,研究者,教育者達にとって購入可能なものとなっている。一方,安価ながらも高価なシステムと同等の分解能,フレームレート,出力スペックを持っている。

840nmの中心波長で発振するレーザーを用いており,空気中では2.8mmの深さ,また組織内では2mmまでの深さの検査に適している。5µmの軸方向分解能と15µmの横方向分解能があり,これは高価なユニットの性能に匹敵する。

コンパクトなサイズとコンピューター統合,そして直感的操作を可能にするGUIの採用により,ラボや現場での使用向けに最適。どの経験レベルのユーザーにとっても使いやすく,生体試料イメージングやサンプルの特徴付け,またOCTの教育用にも適している。

システムとのインターフェースを備えている垂直移動ステージ付きのスキャナースタンド,大型モニター,及びワイヤレスのマウス/キーボードを含む,オプションのワークステーションパッケージもラインナップ。全品在庫販売体制により,短納期での供給が可能だとしている。

その他関連ニュース

  • 理科大,トモグラフィーの精度を数式で向上 2019年05月15日
  • 阪大ら,レーザーによる加熱機構を特性X線で解明 2019年05月14日
  • 東大ら,多色高感度Ca2+センサーを開発 2019年05月10日
  • 24年イメージング&センシング市場,17年比62.2%増に 2019年05月08日
  • 産総研,インフラ向けX線イメージング装置を開発 2019年04月23日
  • 工繊大,偏光の伝播のイメージングに成功 2019年04月17日
  • ニコンヘルス,OCT付きレーザー検眼鏡を発売 2019年04月02日
  • 理研ら,高精度緑内障自動診断AIを構築 2019年03月29日