東大合田教授,市村学術賞を受賞

東京大学化学専攻教授の合田圭介氏が公益財団法人新技術開発財団の「市村学術賞(貢献賞)」 を受賞された(ニュースリリース)。

この賞は,「大学ならびに研究機関で行われた研究のうち,学術分野の進展に貢献し,実用化の可能性のある研究に功績のあった技術研究者またはグループに贈呈」するもの。

従来型のCCD/CMOSイメージセンサーに内在する速度限界を克服することで、数桁以上の速度向上を達成し、明視野と共焦点蛍光のモダリティで連続モード撮像の世界記録を打ち立てたイメージング法や,従来技術より数桁高速なラベルフリー分子計測技術を可能とする二種類の超高速コヒーレントラマン分光法の創出など,合田教授の「画期的な超高速イメージング法・分光法の創出及び産業・医療への展開」における研究実績が高く評価され,受賞に至った。

その他関連ニュース

  • 阪大,MALDI-IMSで昆虫体内の農薬動態を可視化 2018年09月11日
  • ImPACT,深層学習により高速細胞選抜する技術を開発 2018年08月28日
  • 島津の医療用X線装置,未来技術遺産に登録 2018年08月23日
  • 第21回光設計賞,受賞者が決定 2018年08月22日
  • 大学発ベンチャー表彰,光関連企業2社が受賞 2018年08月22日
  • NAIST久保氏ら,MIRUデモ発表賞を受賞 2018年08月20日
  • 理研ら,細胞中全てのタンパク質の蛍光標識に成功 2018年08月01日
  • 農工大,光パルス整形でイメージング検出濃度限界を打破 2018年07月30日