日大吉川氏,光と磁気の国際会議で「Best Poster Award」受賞

日本大学理工学部 電子工学専攻 博士後期課程3年 塚本研究室の吉川大貴氏は,2018年1月7日~1月10日に米ニューヨーク州Queens大学で開催された光と磁気の国際会議「MORIS2018」において,Best Poster Awardを受賞した(ニュースリリース)。

受賞題目は,「All-optical magnetization switching in GdFeCo/Pt」。

この研究は,新奇な現象である全光型磁化反転現象に関する研究。超短パルス光により誘起される全光型磁化反転現象が,通常の時間スケールと異なり,電子系による超短時間のエネルギー散逸過程に強く依存していることを,磁性薄膜GdFeCoを異なる電子ダイナミクスが期待される金属薄膜の上に重ねた試料群を用いた実験により明らかにした。また,金属薄膜にPtを用いた場合はさらに異なる依存性をもつ事も明らかにした。

その他関連ニュース

  • 2018年度「C&C賞」に,西森秀稔氏とチン W. タン氏 2018年10月10日
  • 島津の医療用X線装置,未来技術遺産に登録 2018年08月23日
  • 第21回光設計賞,受賞者が決定 2018年08月22日
  • 大学発ベンチャー表彰,光関連企業2社が受賞 2018年08月22日
  • NAIST久保氏ら,MIRUデモ発表賞を受賞 2018年08月20日
  • 電通大米田教授,泰山賞レーザー進歩賞を受賞 2018年07月26日
  • 理科大 吉野氏,光がかかわる触媒化学シンポで優秀ポスター賞受賞 2018年07月11日
  • 阪大の舘林潤氏,レーザー学会奨励賞を受賞 2018年06月15日