竹中システム機器,ベイヤーカラー方式ラインカメラを発売

竹中システムは,ベイヤーカラー方式を採用したデジタルカラーラインスキャンカメラ「TLC-4K7ACL」を3月26日に発売した(会社HP)。オープン価格。

4,096個×2列のフォトダイオードを直線上に配置したCMOSリニアイメージセンサを搭載。カメラリンク出力で,伝送クロックも85/80/50MHzから選択できる。画素数4,096,最速スキャンレート80KHz,最大データレート680MHz。

1Scanで2Lineの出力をするため高速撮像が可能。1画素は7μmと大きく,高S/Nの画像が得られる。グローバルシャッタ機能及びFFC機能を搭載。ベイヤーカラー方式を採用しているのでギャップ補正をする必要がない。

アプリケーションとして,画像検査などの画像処理装置の入力機器,色調外観検査装置の入力機器,シート物体の表面色検査装置の入力機器,高画質のパターン検査装置の入力機器,その他コンピュータと接続して行なう画像処理用途などを想定している。

その他関連ニュース

  • オムロン,新光源による外観検査装置を発売 2018年07月30日
  • キヤノン,出荷検査基準を高めた1.2億画素CMOSセンサーを発売 2018年07月11日
  • JAI,プリズム分光式4Kラインスキャンカメラを発売 2018年07月05日
  • 竹中システム機器,斜めから全てにピントの合うカメラを発売 2018年07月05日
  • Basler,ソニー製CCDカメラからの移行向けCMOSカメラをリリース 2018年07月03日
  • ams,マシンビジョン向け8K CMOSセンサーの量産開始 2018年06月13日
  • 竹中システム機器,高感度CMOS搭載のフルフレームシャッタカメラを発売 2018年05月14日
  • シャープ,2,500万画素対応画像センサーカメラコントローラを発売 2018年04月24日