カイロス,エア・ウォーターと資本業務提携

8K内視鏡を開発・販売するカイロスは,第三者割当増資の引き受けにより,2018年2月27日付けでエア・ウォーターが同社株式の21.5%を取得したと発表した(ニュースリリース)。

また,エア・ウォーターは今年7月31日に既存株式の譲渡により,出資比率を80.1%に引き上げる。

カイロスはこの提携により経営基盤を強化し,すでに製品化済みの8K硬性内視鏡カメラシステム「KairoScope-E」の国内販売活動を加速し,また,8K技術を応用したその他医療機器の新規開発や海外向け事業展開に取り組む。

エア・ウォーターは,手術室映像管理システムやシーリングアーム(天井吊りシステム),「エコウス」術中カメラ,ICUベッド,小型手術用鉗子,腹腔鏡手術用商材などの周術期(入院,麻酔,手術,回復といった術中だけでなく術前・術後を含めた一連の期間)医療製品を取り扱い,手術室・ICUの施工,設備,機器ビジネスの拡大を図っている。

今回の資本業務提携により,8K硬性内視鏡カメラと同社の周術期医療製品との連携を図り,手術室ビジネスをさらに強化するとともに,今後海外においても同様のビジネス展開を図っていくとしている。

その他関連ニュース

  • アストロデザインら,8K映像を道路点検に適用 2018年12月13日
  • 昭和大らのAI搭載内視鏡画像診断支援ソフト,医療機器承認 2018年12月11日
  • デルタ電子,8Kレーザープロジェクターを発売 2018年12月05日
  • 日本ライフライン,内視鏡アブレーションシステムを発売 2018年11月12日
  • オリンパス,AIのエルピクセルに出資 2018年10月30日
  • 東大ら,カプセル内視鏡画像診断支援AIを開発 2018年10月29日
  • パナ,8K有機センサーカメラシステムを発売 2018年10月29日
  • JAMSTECら,深海用8Kカメラを開発 2018年10月26日