シャープ,透明なNFCアンテナ搭載ディスプレーを開発

シャープは,透明なNFC(近距離無線通信)アンテナを搭載したディスプレーを開発した(ニュースリリース)。スマートフォンなどのNFC対応機器やICカードをディスプレーにかざすことで,簡単に通信を行なうことができる。

NFCは,スマートフォンや交通系ICカードなどに採用され,決済や認証など,様々な用途での活用が拡がっている。近年,クレジットカードへの搭載も進むなど,今後のさらなる普及が見込まれている。

開発したディスプレーは,透明化したNFCアンテナを画面上に配置。アンテナ層の光透過率80%以上を確保し,表示性能を損なうことなく,ディスプレイとNFCリーダーの機能を一体化した。外付けのNFCリーダーが不要な上,画面上の任意の場所で通信することが可能となった。

画面上に文字やイラストでスマートフォンをかざす位置やタイミングを示したり,通信結果を知らせたりできるので,直感的なユーザーインターフェースを実現できる。また,一度に複数の機器やICカードと通信することも可能。

同社は,このディスプレーをPOSターミナルや自動販売機などにおける決済用途はもちろん,オフィスや教育・医療機関における個人認証,ゲームなどのアミューズメント向けなど,様々なアプリケーション向けに提案していくとしている。

その他関連ニュース

  • SEL,世界最小8KおよびフォルダブルOLEDディスプレーを開発 2018年12月14日
  • JNCと関学が開発した有機EL材料,スマホに採用 2018年12月12日
  • 阪大,チューブ内の液滴を用いたディスプレーを開発 2018年12月11日
  • 2017年車載用ディスプレー市場,前年比106.8%の1億4,868万枚 2018年12月10日
  • DNP,タブレットの書き心地が向上するフィルムを開発 2018年12月04日
  • 2017年OLED関連部材市場,前年比44.8%増の1,589億円 2018年12月04日
  • 三菱電機,自動車向け曲面ディスプレーを製品化 2018年12月04日
  • SCREEN,ディスプレー関連生産拠点が竣工 2018年11月21日