オプトサイエンス,スイ―プ光源とファブリペロ波長可変フィルタを発売

オプトサイエンスはカナダOZ OPTICS社製波長スイ―プ光源とファブリペロ波長可変フィルタの取り扱いを開始した(波長スイ―プ光源製品ページファブリペロ波長可変フィルタ製品ページ)。

OZ OPTICS社は1985年にカナダ オタワで創業して以来,光ファイバコンポーネント,光源,光通信用測定器などを開発,製造し続けている。

今回OZ OPTICS社ではOptical Coherence Tomography,Optical Frequency Domain Imaging,などの用途に波長スイ―プ光源を発売開始した。これまでに培ってきたファブリペロ干渉計,ピエゾ素子の要素技術を元に開発した本製品は,中心波長1310nm,波長範囲150nmをレート200kHzでスイ―プすることができる。

また,同時にファブリペロ波長可変フィルタも発売した。高分解能,低損失,Telcordia GR-2883準拠で,Optical Coherence Tomography,光パフォーマンスモニタ,スペクトル分析に適したインライン型波長可変フィルタとなっている。

その他関連ニュース

  • LCS2018,岡崎コンファレンスセンターで開催 2018年12月12日
  • ノヴァンタ・ジャパン,シンラッド社製品営業を本格化 2018年12月10日
  • 阪大レーザー研発,パワーレーザーが拓く産業応用へ 2018年11月14日
  • 【光フェア】京セラ,レーザーのセラミックパッケージを提案
    【光フェア】京セラ,レーザーのセラミックパッケージを提案 2018年11月13日
  • 浜ホト,小型の高出力・高繰り返しレーザーを開発 2018年10月23日
  • 浜松ホトら,高輝度・高安定なSC光源を開発 2018年10月17日
  • 文科省,光・量子飛躍フラッグシッププログラム課題を採択 2018年09月21日
  • 三菱電機,5G向け25Gb/s EML CANレーザーを発売 2018年09月11日