オプトサイエンス,スイ―プ光源とファブリペロ波長可変フィルタを発売

オプトサイエンスはカナダOZ OPTICS社製波長スイ―プ光源とファブリペロ波長可変フィルタの取り扱いを開始した(波長スイ―プ光源製品ページファブリペロ波長可変フィルタ製品ページ)。

OZ OPTICS社は1985年にカナダ オタワで創業して以来,光ファイバコンポーネント,光源,光通信用測定器などを開発,製造し続けている。

今回OZ OPTICS社ではOptical Coherence Tomography,Optical Frequency Domain Imaging,などの用途に波長スイ―プ光源を発売開始した。これまでに培ってきたファブリペロ干渉計,ピエゾ素子の要素技術を元に開発した本製品は,中心波長1310nm,波長範囲150nmをレート200kHzでスイ―プすることができる。

また,同時にファブリペロ波長可変フィルタも発売した。高分解能,低損失,Telcordia GR-2883準拠で,Optical Coherence Tomography,光パフォーマンスモニタ,スペクトル分析に適したインライン型波長可変フィルタとなっている。

その他関連ニュース

  • ギガフォトン,製品ラインナップの刷新プランを発表 2018年07月11日
  • 筑波大ら,同時多色発振する有機レーザー結晶を開発 2018年06月22日
  • シャープ,業界最高の光出力の緑色半導体レーザーを発売 2018年06月14日
  • コヒレント,小型半導体レーザー4kWモデルを発売 2018年06月12日
  • ギガフォトン,中国でシェア70%を獲得 2018年05月29日
  • 【OPIE’18】昭和オプトロニクス,光の操作技術を提案 2018年04月26日
  • 【OPIE’18】NEDO,高出力フォトニック結晶レーザーを展示 2018年04月26日
  • 浜ホト,高出力/均一照射可能なLDモジュールをOPIEに出展 2018年04月24日