シャープ,2,500万画素対応画像センサーカメラコントローラを発売

シャープは,工場で生産する製品の微細なキズや汚れ,欠陥などを高速で検知する画像センサーカメラコントローラ「IV-S402M/IV-S412M」の2機種を2018年4月より発売する(ニュースリリース)。オープン価格。

画像センサーカメラコントローラは,接続したカメラで撮影した画像を処理することにより,不良を検知する。あらかじめ検査基準となるデータ(製品の色の濃度,寸法,面積など)をコントローラに設定し,撮影した画像と比較することで判定を行なう。

この製品は,業界トップクラスの2,500万画素の高精細カメラに対応。基板や半導体など,目視では困難だった精密部品の検査が可能。広範囲で高精細な画像の撮影に加え,高速マルチコアCPUの搭載により,検査精度の向上と高速化を実現する。ラインスキャンカメラにも対応可能なので,帯状の製品や円柱形などの立体的な部品も容易に検査できるという。

その他関連ニュース

  • オムロン,新光源による外観検査装置を発売 2018年07月30日
  • キヤノン,出荷検査基準を高めた1.2億画素CMOSセンサーを発売 2018年07月11日
  • JAI,プリズム分光式4Kラインスキャンカメラを発売 2018年07月05日
  • 竹中システム機器,斜めから全てにピントの合うカメラを発売 2018年07月05日
  • Basler,ソニー製CCDカメラからの移行向けCMOSカメラをリリース 2018年07月03日
  • ams,マシンビジョン向け8K CMOSセンサーの量産開始 2018年06月13日
  • 日立,AIによる効率的なピッキングシステムを開発 2018年06月05日
  • 竹中システム機器,高感度CMOS搭載のフルフレームシャッタカメラを発売 2018年05月14日