【OPIE’18】生田精密,非球面レンズ研削加工機を展示

生田精密研磨は,モディアシスムテズ,さとう技研と共同で開発したNC非球面レンズ切削加工装置「MiniMiller MM100-LG80」を光技術総合展示会OPIE’18(4月25日~27日,パシフィコ横浜)にて展示を行なっている(関連記事)。

この装置は同時4軸制御機構を備えたNC切削機を非球面レンズ加工に応用したもので,専用のソフトウェアに母材の削り量を入力するだけで非球面レンズを削りだすことができる。

これまでのように高価な装置を必要とせずに非球面レンズを手軽に作ることができる1000万円をきる925万円という価格は中小メーカーや研究室などでの試作に最適。またフットプリントは650×780mm(高さ1490mm)と小型で設置スペースをとらない。

会場では実際に加工のデモとサンプル展示を行なっており,多くの来場者が同社ブースに立ち寄っている。この盛況について同社担当者は「初日の午前中だけでこれだけの方に来てい頂いけたのは,この装置が認められている証明だと思う」としている。

その他関連ニュース

  • 金工大ら,大口径遠赤外光学レンズの開発に着手 2018年10月03日
  • 【OPTO TAIWAN】多角化を進める亞洲光學 2018年09月04日
  • 【OPTO TAIWAN】ハイパースペクトルカメラに注力する五鈴光學 2018年09月04日
  • 【OPTO TAIWAN】元利盛精密機械のカメラ組立て装置 2018年08月30日
  • エドモンド,高ロバストの計測用/産業用レンズを発売 2018年08月21日
  • エドモンド,小型・軽量のOEM向固定焦点レンズを発売 2018年06月26日
  • エドモンド,超小型対物レンズアッセンブリを発売 2018年05月28日
  • エドモンド,M12 μ-Videoレンズを販売 2018年05月24日