【OPIE’18】ナイトライド,安価/高出力な深紫外LEDを展示

ナイトライド・セミコンダクターは,275nmと短波長ながら50mWの大出力を達成した深紫外LEDを光技術展示会「OPIE’18」にて展示している。

将来的な水銀の規制に備え,深紫外LEDの開発が活発化している。いくつかのメーカーから製品が発表されているが,まだ価格が高い(1万~1万5,000円)ことが普及へのネックとなっていた。

これに対し同社が今回展示する製品は,最適なレシピの開発のほか,小さなチップ(0.7×0.7mm)を4つ並べる構造によるLEDチップの歩留まり向上,アルミパッケージの採用などによるコストダウンで,でこれまでの常識を破った,1個あたり3,000円(1万個発注時)という低価格を実現した。

さらに,発光波長は他社の製品が285nmに対し,同社の製品は275nmと短い。10nmの差だが,殺菌効果は格段に強く「世界最高レベル」(担当者)だとしている。また寿命は1万時間を確保しており,組込み用途としても問題の無いレベルを達成している。

その他関連ニュース

  • ナイトライド,UV殺菌加湿消臭器を発売 2018年12月04日
  • 神大ら,222nm照射で皮膚障害なく殺菌に成功 2018年11月14日
  • 【光フェア】クォークテクノロジー,深紫外LED/エキシマ照射装置を紹介 2018年11月14日
  • 学振シンポに見る,紫外発光デバイス技術と市場の課題 2018年10月02日
  • 日機装,ランプ並み性能のLED流水殺菌モジュールを開発 2018年09月20日
  • 非加熱殺菌装置市場,中小型を中心に2020年度に500億円 2018年09月19日
  • 【OPIE’18】昭和オプトロニクス,光の操作技術を提案 2018年04月26日
  • 【OPIE’18】ハイフィネス,新製品の線幅測定装置を展示 2018年04月26日