【OPIE’18】ハイフィネス,新製品の線幅測定装置を展示

ハイフィネス・ジャパンは,新製品であるレーザーのノイズ測定・解析をする線幅測定装置「LWA-1k-1550」の展示を光技術総合展示会OPIE’18にて行なっている。

これまで単一縦モードレーザーのスペクトル幅を調べるには,主にスキャンファブリペローによる簡易的な測定が行なわれてきた。この製品はノイズを電圧として出力することで,スペクトル幅をPIDコントロールすることができる。

特にテレコムにおいてはDWDMにおいて,より多くの波長を多重するためにはより狭いスペクトル幅が求められる。また,レーザー冷却や原子時計のようなサイエンス分野においても,周波数の安定度を上げるためにスペクトル幅の狭線化が重要となるので,これらにおいてもPIDコントロールが大切となる。

この製品は主にテレコムに適した1.5μm帯用となっている。同社では780~1064μm用の製品も開発しており,同社では上記のアプリケーションの他,量子情報通信などの研究にも使えるのではないかとして,OPIEにて同製品のアプリケーションを探っている。

その他関連ニュース

  • 【OPIE’18】昭和オプトロニクス,光の操作技術を提案 2018年04月26日
  • 【OPIE’18】マイクロビジョン,レーザープロジェクターの応用を提案 2018年04月26日
  • 【OPIE’18】NEDO,高出力フォトニック結晶レーザーを展示 2018年04月26日
  • 【OPIE’18】ナイトライド,安価/高出力な深紫外LEDを展示 2018年04月25日
  • 【OPIE’18】ネオアーク,マスクレス露光装置を展示
    【OPIE’18】ネオアーク,マスクレス露光装置を展示 2018年04月25日
  • 【OPIE’18】ルミネックス,高解像度SLMをデモ 2018年04月25日
  • 浜ホト,高出力/均一照射可能なLDモジュールをOPIEに出展 2018年04月24日
  • 紫光技研,効率4倍のプラズマ深紫外光源をOPIEで展示 2018年04月23日