【OPIE’18】ハイフィネス,新製品の線幅測定装置を展示

ハイフィネス・ジャパンは,新製品であるレーザーのノイズ測定・解析をする線幅測定装置「LWA-1k-1550」の展示を光技術総合展示会OPIE’18にて行なっている。

これまで単一縦モードレーザーのスペクトル幅を調べるには,主にスキャンファブリペローによる簡易的な測定が行なわれてきた。この製品はノイズを電圧として出力することで,スペクトル幅をPIDコントロールすることができる。

特にテレコムにおいてはDWDMにおいて,より多くの波長を多重するためにはより狭いスペクトル幅が求められる。また,レーザー冷却や原子時計のようなサイエンス分野においても,周波数の安定度を上げるためにスペクトル幅の狭線化が重要となるので,これらにおいてもPIDコントロールが大切となる。

この製品は主にテレコムに適した1.5μm帯用となっている。同社では780~1064μm用の製品も開発しており,同社では上記のアプリケーションの他,量子情報通信などの研究にも使えるのではないかとして,OPIEにて同製品のアプリケーションを探っている。

その他関連ニュース

  • オプトサイエンス,ハンディ型LED測定器発売 2020年04月27日
  • オーテックス,UV対応の照度計シリーズを販売 2020年04月22日
  • 光技術総合展示会「OPIE’20」,WEBにて開催! 2020年04月22日
  • 熊本大ら,光学式窒素中微量水分計を開発 2020年03月23日
  • アメテック,光学部品の形状測定機を発売 2020年03月16日
  • XTIA,4社と資本業務提携し17億円を調達 2020年02月21日
  • 横河計測,5μm帯対応のスペアナ発売 2020年01月22日
  • 千代田電子,赤外線果実非破壊測定器を発売 2020年01月15日