NEC,虹彩認証技術の精度評価で1位

NECは,米国国立標準技術研究所(NIST)が実施した虹彩認証技術の精度評価テスト(IREX IX)において,第1位の照合精度を有するとの評価を獲得した(ニュースリリース)。

虹彩認証技術は,目の角膜と水晶体の間にあるドーナツ状の薄い膜である虹彩データを用いた生体認証方式の1つで,非接触型で高精度かつ高速な本人認証が可能なことから,近年では海外の団体・企業を中心とした大規模照合が必要なシステムで活用され始めている。

特に政府機関では,プライバシー保護とさらなるセキュリティ強化の観点から,国民IDや出入国管理,犯罪捜査などのより厳格な本人認証が求められる環境でのニーズが高まりつつあるという。

同社は今回,近赤外線で撮影した虹彩データを用いて評価したIREX IXにおいて,照合精度99.33%と参加した13団体のうち1位の結果を獲得した。虹彩データの特徴量の抽出・照合やノイズ除去などの独自技術を用いることで高い精度を実現し,今回の最高評価に至った。

同社は,虹彩,顔,指紋・掌紋,指静脈,声,耳音響などの生体認証技術を有しており,これまで70以上の国や地域に,700以上のシステムを導入している。また,顔認証技術ではNISTのベンチマークテストにおいて第1位の評価を4回連続で獲得し,指紋認証技術でも第1位の評価を獲得している。

その他関連ニュース

  • 富士通,生体情報を暗号化したまま認証 2019年08月02日
  • 富士通の静脈認証装置,国際規格FIDOに対応 2019年07月04日
  • NEC,生体認証・映像分析事業を強化 2019年06月21日
  • NEC,生後2時間の新生児の指紋認証に成功 2019年06月20日
  • 富士通の静脈認証,韓国の搭乗サービスに導入 2019年03月27日
  • ams,AI企業と3D光センシング技術で提携 2019年01月08日
  • 矢野経済,2017年の指紋センサー世界出荷数量を予測 2018年12月05日
  • 富士通フロンテック,組込み型小型静脈センサーを発売 2018年12月04日