ブルカー,非接触3次元光学顕微鏡を発売

ブルカージャパンは,LightSpeedフォーカスバリエーションを用いた新しいシステム「Contour LS-K 非接触3次元光学顕微鏡」の発売を開始する(会社HP)。

この製品は,高度なアルゴリズムを用いたフォーカシング技術であるLightSpeedフォーカスバリエーション技術を使用し,従来の方法と比較して高速・非接触な表面計測が可能となる。スキャン速度は5mm/秒(Zスキャン速度),最大単一視野は8×6mm2(1測定)。

5MピクセルCCDを搭載し,高速・高解像度リアルカラーイメージングを得られる。また,ソフトウェアは30年以上にわたり開発されたVision64®をベースに構築しており,データ処理,分析,および視覚化・定量化のための独自のソフトウェアアルゴリズムを特長としている。さらに,自動X-Yステージ,電動式5ポジション対物タレット,デュアル照明(同軸とリングライト照明)が標準装備されている。

LightSpeedフォーカスバリエーションは,大きな凹凸や段差,または急峻な角度を持つ表面計測に理想的であり,同社従来製品「Contour GT」(3次元白色光干渉型顕微鏡)の持つ平滑表面計測技術やナノメートルオーダー計測にも対応。自動車,精密機械加工,製造,エレクトロニクス,医療機器業界の機械的検査,QA/QC検査,プロセス制御,R&Dなどの幅広いアプリケーションに適しているとしている。

その他関連ニュース

  • オリンパスと慈恵医大,顕微授精のAI研究を開始 2019年03月08日
  • 産総研,氷の再結晶化を止める条件を顕微鏡で発見 2019年02月14日
  • 筑波大,iPS細胞の品質管理に適した顕微鏡を開発 2019年02月13日
  • 阪大,時間分解静電気力顕微鏡で電荷の動きを撮影 2019年01月31日
  • 九大ら,cAMPシグナルの顕微鏡観察手法を確立 2019年01月28日
  • 北大ら,新型レーザー共焦点顕微鏡で氷の成長を観察 2019年01月22日
  • オリンパスら,がん細胞モデルの3次元解析に成功 2019年01月08日
  • 産総研ら,AIで不要な細胞をレーザー除去 2018年12月10日