OmniVision,自動車向け視線検知用イメージ・センサー発売

米OmniVision Technologies社は,スウェーデンSmart Eyeとの協業を発表した(ニュースリリース)。

これは,Smart Eye製検知アルゴリズム・ライブラリに,OmniVisionの最新の二百万画素イメージ・センサーを組み込むもので,自動車OEMをターゲットとする,ドライバー及び車内を監視するターンキー・ソリューションに使われる。

この「OV2311」は業界で初めて,グローバルシャッタ-とASIL Bレベルに対応した二百万画素のセンサーを小型パッケージに入れたもので,これらは,高精度の視線検知が要求される自動車用途において重要となる。

このセンサーとアルゴリズムを組み合わせたソリューションは,ディープ・ニューラル・ネットワークとAIを用いて,ドライバー及び車内監視の実装を,安全装備から仮想現実ディスプレー,そして車内検知に至るまで幅広く実現する。

視線検知カメラは,ドライバーが監視されていると感じないように,小型で目立たなくする必要があるが,カメラを小型にすると加熱して過剰なシステム・ノイズを発生する傾向がある。チップスケール・パッケージ内に収まるこのセンサーは,競合する百万画素のソリューションの半分の消費電力であり,性能を犠牲にすることなく,温度の上昇を抑えられる。

また解像度が高いことにより,視線検知のためのくっきりとした正確な画像に加え,広い画角を実現できる。これにより頭の検知範囲を広げ,ドライバーシートの位置の変化に対応出来る。更に広い画角は,ドライバーだけでなく乗客を含めた車内全体の監視を実現出来る可能性にもつながる。

両社は複数の自動車OEMと協議を行なっており,そこには今後生産される相当数の自動車モデルが含まれるとしている。

その他関連ニュース

  • ソニー,イメージセンサーで大河内記念生産賞を受賞 2019年02月12日
  • KDDIら,5G活用の遠隔監視型自動運転を実施 2019年02月07日
  • 神大ら,蛍光で早期がんの超高感度検出に成功 2019年01月28日
  • 東大ら,強誘電ドメイン壁の構造をカメラで可視化 2019年01月25日
  • 国立天文台ら,軟X線用の高速度カメラで太陽コロナを観測 2019年01月16日
  • ヴァレオとモービルアイ,自動運転の安全性評価で協力 2019年01月10日
  • Cepton,自動車向けLiDAR 2種を発表 2019年01月09日
  • オンセミと3M,自動運転技術の向上について協業 2019年01月09日