分子研 岩山氏,EUV研究で原子衝突学会若手奨励賞を受賞

自然科学研究機構 分子科学研究所 極端紫外光研究施設助教の岩山洋士氏は,第19回原子衝突学会若手奨励賞を受賞した(ニュースリリース)。

今回の受賞は,同氏の「極紫外自由電子レーザー場中の希ガス・クラスターの光吸収および緩和過程の研究」の業績によるもの。

この賞は,広い意味での原子衝突およびその関連分野において,若手研究者の研究を鼓舞,奨励することにより,この方面の学問の発展に資する事を目的として原子衝突学会が設けているもので,原子衝突および関連分野において優れた研究を行なった若手研究者に対して贈られる。

その他関連ニュース

  • 2018年度「C&C賞」に,西森秀稔氏とチン W. タン氏 2018年10月10日
  • 島津の医療用X線装置,未来技術遺産に登録 2018年08月23日
  • 第21回光設計賞,受賞者が決定 2018年08月22日
  • 大学発ベンチャー表彰,光関連企業2社が受賞 2018年08月22日
  • NAIST久保氏ら,MIRUデモ発表賞を受賞 2018年08月20日
  • 電通大米田教授,泰山賞レーザー進歩賞を受賞 2018年07月26日
  • 理科大 吉野氏,光がかかわる触媒化学シンポで優秀ポスター賞受賞 2018年07月11日
  • 阪大の舘林潤氏,レーザー学会奨励賞を受賞 2018年06月15日