SCREEN,ディスプレー製造装置工場を新たに建設

SCREENホールディングスは,ディスプレー製造装置および成膜装置の生産能力増強を図るため,同社彦根事業所内に新たな工場を建設することを決定した(ニュースリリース)。

近年,ディスプレー業界では,中国を中心に大型液晶テレビ,スマートフォンなどの販売が好調に推移している。また,高画質なフレキシブルディスプレーは,高性能化,薄型化が要求されるウエアラブル端末や電子ペーパー,車載用ディスプレーなどへの活用に期待が寄せられている。さらに,電気自動車を中心とするエコカー市場は一層伸展すると見込まれており,リチウムイオン電池をはじめとする2次電池の需要は,今後も拡大することが期待される。

これらの市場環境の動向を受けて同社は,中長期的な事業の継続と成長を目指し,生産体制の増強を図ることを決定した。総工費約20億円の投資となる新工場は,大型化の進むディスプレー製造装置に対応できるほか,より微細化が求められる有機ELディスプレーをはじめとするフレキシブルディスプレー製造装置の生産に対応できる清浄度を実現する。

また,2次電池用塗工装置や,グループ会社の「SCREENラミナテック」が手掛けるディスプレー後工程装置の製造にも対応。本年3月に設立した中国・常熟の合弁会社「SCREEN FT Changshu」と併せ,グループとしての生産能力を拡大するとともに,組み立て費や物流費用を含む諸費用を削減することで,収益改善を目指すとしている。

なお,同工場は2018年10月の竣工を予定している。

その他関連ニュース

  • NSCら,ケミカル研磨で曲面有機ELパネルを開発 2019年01月18日
  • コーニング,ウェーブオプティクスとAR向け光学部品をデモ 2019年01月16日
  • アマダ,レーザー発振器等の基幹モジュール工場を新設 2018年12月27日
  • 東洋紡子会社,ディスプレー向けフレキシブル基板工場が竣工 2018年12月21日
  • 凸版印刷,情報を表示する壁材を開発 2018年12月19日
  • SEL,世界最小8KおよびフォルダブルOLEDディスプレーを開発 2018年12月14日
  • JNCと関学が開発した有機EL材料,スマホに採用 2018年12月12日
  • 浜ホト,新棟建設で電子管事業の研究開発を強化 2018年12月12日