電通大の戸倉川氏,レーザー学会奨励賞を受賞

電気通信大学助教の戸倉川正樹氏(レーザー新世代研究センター)は,レーザー学会よりレーザー学会奨励賞を受賞した(ニュースリリース)。

この奨励賞は,レーザーに関する研究できわめて示唆的かつ独創性,将来性のあるものに対して贈られる賞で,会誌やレーザー会主催の講演会などに限定されず,関連学術雑誌や会議などでの発表を対象とするもの。

受賞対象となった発表は,レーザー学会の第37回年次大会で講演した「In band 励起を用いたモード同期Tm3+:Sc2O3レーザーの開発」に関するもので,In-band励起という従来と異なる励起法を用い,Tm固体レーザーにおいて世界初のカーレンズモード同期による超短パルス発振に成功したことが高く評価された。

その他関連ニュース

  • 2018年度「C&C賞」に,西森秀稔氏とチン W. タン氏 2018年10月10日
  • 島津の医療用X線装置,未来技術遺産に登録 2018年08月23日
  • 第21回光設計賞,受賞者が決定 2018年08月22日
  • 大学発ベンチャー表彰,光関連企業2社が受賞 2018年08月22日
  • NAIST久保氏ら,MIRUデモ発表賞を受賞 2018年08月20日
  • 電通大米田教授,泰山賞レーザー進歩賞を受賞 2018年07月26日
  • 理科大 吉野氏,光がかかわる触媒化学シンポで優秀ポスター賞受賞 2018年07月11日
  • 阪大の舘林潤氏,レーザー学会奨励賞を受賞 2018年06月15日