電通大の戸倉川氏,レーザー学会奨励賞を受賞

電気通信大学助教の戸倉川正樹氏(レーザー新世代研究センター)は,レーザー学会よりレーザー学会奨励賞を受賞した(ニュースリリース)。

この奨励賞は,レーザーに関する研究できわめて示唆的かつ独創性,将来性のあるものに対して贈られる賞で,会誌やレーザー会主催の講演会などに限定されず,関連学術雑誌や会議などでの発表を対象とするもの。

受賞対象となった発表は,レーザー学会の第37回年次大会で講演した「In band 励起を用いたモード同期Tm3+:Sc2O3レーザーの開発」に関するもので,In-band励起という従来と異なる励起法を用い,Tm固体レーザーにおいて世界初のカーレンズモード同期による超短パルス発振に成功したことが高く評価された。

その他関連ニュース

  • 阪大の舘林潤氏,レーザー学会奨励賞を受賞 2018年06月15日
  • 理研,研究者に「理研栄峰賞」「理研梅峰賞」を授与 2018年06月08日
  • 分子研 岩山氏,EUV研究で原子衝突学会若手奨励賞を受賞 2018年05月22日
  • 全国発明表彰,有機EL材料や位相差AFなど受賞 2018年05月18日
  • パナ社員,CD/DVDピックアップの開発で紫綬褒章を受章
    パナ社員,CD/DVDピックアップの開発で紫綬褒章を受章 2018年05月01日
  • ソニーグループ社員,CMOS開発で科学技術賞を受賞 2018年04月10日
  • 第10回レーザー学会産業賞が決定 2018年04月02日
  • 光科学技術研究振興財団,「晝馬輝夫 光科学賞」を創設 2018年04月02日