日立,AIによる効率的なピッキングシステムを開発

日立製作所は,ピッキング用ロボットと自律走行する搬送台車を統合制御することで,搬送台車に積まれた商品群の中から指定の商品をスムーズに取り出し,ピッキング作業を効率化する複数AI協調制御技術を開発した(ニュースリリース)。

近年,物流倉庫では,膨大な種類と数の商品在庫の中から注文に応じた商品を集めるピッキング作業が大量に発生しており,作業の自動化と効率化が求められている。ピッキング作業を支援するために商品を棚・ケースごと運ぶ搬送台車は既に実用化されており,現在はケースから商品を取り出すピッキング用ロボットと搬送台車を組み合わせたシステムの開発が進められている。

しかし,ケース内の商品の荷積み状態は,搬送やピッキング作業に伴い崩れて複雑になるため,搬送台車の移動速度も考慮した上で,瞬時に取り出す商品や取り出し方法を判断してロボットを制御するのは困難で,ピッキング作業を行なう前に搬送台車を静止させる必要があった。そのため,搬送台車の停止時間がロスとなり,効率的なシステムを構築することが困難だった。

そこで今回,同社は,ピッキング用ロボットと搬送台車を協調させ,ピッキング作業の効率を最大化するための複数AI協調制御技術を開発した。この技術は,カメラ画像から,取り出す商品とその最適なピッキング方法を判断するAIのもと,ピッキング用ロボットを制御するAIと,搬送台車を制御するAIをリアルタイムに統合管理し,協調制御する。

この技術により,商品の荷積み状態に基づいて,搬送台車とロボットアームは最適な速度で互いに衝突することなく近づき,搬送台車の移動を止めることなくスムーズに商品をピッキングすることが可能だという。搬送台車を都度停止させてからピッキングを行なう従来技術とこの技術の比較実験を行なった結果,ピッキング作業の所要時間を38%短縮できることを確認したとする。

今後,同社は,この技術を搭載した倉庫作業ロボットシステムの製品化をめざすとともに,作業の自動化や高速化技術の開発を通じて,物流の効率化に貢献していく。なお,この技術のうち,搬送台車の動きに合わせてロボットアームの動作を計画し,微修正する機能は,英エディンバラ大学と共同で開発したものだという。

その他関連ニュース

  • オムロン,マルチカラー照明搭載の検査向けカメラを発売 2018年11月05日
  • パナら,AI自動操縦ロボット掃除機を開発 2018年11月01日
  • オリンパス,AIのエルピクセルに出資 2018年10月30日
  • 東大ら,カプセル内視鏡画像診断支援AIを開発 2018年10月29日
  • 名工大,ロドプシンの吸収波長を予測するAIを開発 2018年10月24日
  • NTT Comら,ドライブレコーダーのAI自動検知を開発 2018年10月17日
  • NTT西ら,植物工場のAI・IoTで共同実験を開始 2018年10月16日
  • 東芝テリー,600万画素USB3.0カメラを発売 2018年10月16日