東大ら,反強磁性スピンを小さな磁場で操作

東京大学,米テネシー大学,米ブルックヘブン国立研究所,米アルゴンヌ国立研究所,チェコ カレル大学は共同で,反強磁性スピンを小さな磁場で操作することに初めて成功した(ニュースリリース)。

これまでの多くの磁性デバイスは強磁性スピンを用いたものだが,もし反強磁性スピンを利用することができれば,より高速にスイッチング可能な大容量デバイスができると期待されている。しかし通常,反強磁性体は正味の磁化を持たないため,磁場に対して大きく応答しない。そのため反強磁性スピンの操作は長い間難しい問題となっていた。

研究グループは,ジャロシンスキー守谷相互作用を利用するために,擬2次元系(SrIrO31/(SrTiO32を超格子中に作成した新しい物質を利用することで,この問題を初めて解決した。スピン間の相互作用係数と比較して,わずか0.1%以下の非常に小さい磁場で反強磁性秩序をスイッチングすることに成功した。

さらにこのメカニズムを理論的に説明し,コンピューターによる計算を用いて定量的に解析した。反強磁性スピンの磁場による操作を可能としたこの研究の成果は,今後の高性能デバイスの開発につながるとしている。

その他関連ニュース

  • 九大,パルスレーザーで有機EL材料の発光過程を分析 2019年05月27日
  • 産総研ら,非対称な人工格子構造で垂直磁化を増強 2019年05月22日
  • 名大ら,ハチの巣状単原子層物質プランベンを創製 2019年05月14日
  • 理研ら,1つの有機トランジスタで超伝導の発現条件を解明 2019年05月13日
  • 東大ら,磁気異方性の操作メカニズムをXMCDで解明 2019年05月10日
  • 東大,超短テラヘルツパルス光で磁化変調20%を達成 2019年05月07日
  • 福岡大,スピン波を電気のみで観測 2019年04月25日
  • 東北大ら,三角格子反強磁性体の新量子相を発見 2019年04月25日