レーザー学会会長に久間和生氏が就任

レーザー学会は,5月31日に開催した第46回定時社員総会において,新会長に久間和生氏が就任したと発表した(学会HP)。この人事は,前会長の加藤義章氏の任期満了に伴うもの。

久間氏は1949年東京生まれ。1977年に東京工業大学大学院博士課程電子物理工学専攻を修了後,三菱電機に入社,中央研究所(現 先端技術総合研究所)に勤務し,同社常務執行役開発本部長,専務執行役半導体・デバイス事業本部長,代表執行役副社長,常任顧問を経て,2013年3月から内閣府総合科学技術会議議員(常勤),2014年に現職である内閣府総合科学技術・イノベーション会議議員(常勤)。農業・食品産業技術総合研究機構理事長も務めている。

その他関連ニュース

  • 光産業創成大学院大学・新学長に瀧口義浩氏が就任 2018年04月04日
  • JIAL会長に,オーシャンフォトニクス社長の船木眞悟氏が就任 2018年03月14日
  • ギガフォトン,新社長に浦中氏が就任 2017年04月05日